« ホイドネズミ その5 | トップページ | 同窓会 エピローグの続き »

2012年2月10日 (金)

ホイドネズミ えぴろ~ぐ か?

なかなか クチで 言っても

 

 イメージってのは

 

受け取る側で 千差万別でね

 

 そりゃあ 百聞は一見に如かず って 言葉が あるくらいだから

 

俗世に於いては 所謂 常識っつ~ 範囲なんでしょうな  百聞は~~~ってコトバ

 

 そんでね

 

記憶の断片を 拾って 慣れぬ お絵かき機能で 頑張ってみたんですな















ご本人は 怒るかも 知れませんが・・・

 

カブが 描いたんなら 似てんだろうねCocolog_oekaki_2012_02_02_21_13

 

ふふ ふっ 

 

  ってな 感じだろうね

 

 そして 少したってから

 

うん ぼそぼそ うんうん 似てるね カブくん 上手だね ふふふ  ふ

  でも ちょっとね ふふ ぼそぼそ・・・

 

てめえは (#゚Д゚)y-~・・・ イヤなら イヤって 言いやがれ~

 

あ~ もう イライラするぜ

先に 行ってるからな

 
そういや~ 学校に 行くのに ホイドネズミを 待ったことないな~

 

絶対 準備が 出来てないのよ

 

 タワケドリが 部屋に 迎えに来て

 

おぅ カブッ 行かんのか 時間やぞっ


 お~ 今 行く   ボッチャンは?



玄関で 待っとるぞ~


 んじゃ きょうも さっちゃんに 会いに行くか~



なんやと~ カブっ おまえ ええかげんにせえよ~


 さっちゃんは ワシのもんじゃ

 

タワケが~ オマエにゃ 勿体ないんじゃ

 

                             オメエの方が もっと もったいね~ぜ

 

 ってな 会話を 交わしながら 階段を降りて 玄関に

 

玄関を 出ても ホイドネズミは 現れず・・・

 

 きっと 最初は 待ったと 思うんですよね

 

ですが あまりにも 呆れるくらい  遅れることが 続いたと 思うのです 

 

 それで もう 知らんわい ってな ことに なったのでしょうな

 

優しい 男なんですよ

 

 争いは 好まないし

 

  それは

 

 体力的な ケンカだけじゃなく

 

 論争にも 入ってこない

 

敵を 作らないタイプ   だけど それって 本当の友人も 作れないタイプなのかも

 

 決定的に こいつは おんなにゃ~ モテないな 金輪際 モテないだろって

 

思ったことがあってね

 

 ひとの 食べ方って 色々あるんでしょうけど

 

マナーだとかね

 

 でもね 大食らいなのは いいんですよ 別にね      自分の 腹だし

 

ある日 そいつの ラーメンの 食べ方に ビックラ こきましてね

 

 ぶっとい 指だってのは 以前 お話ししましたが

 

ですから 普通の 割りばしが 子どもの箸のように 見えるんですよね

 

 それは まっ いいとして・・・

 

  持ち方の バランスってもんが あるでしょっ

 

手が 大きいからかも しれませんが
                      
 約20Cmの 箸の 半分は 手で 覆われるのです

 

そして 残りの 10Cm 全部に 麺を 乗せるのです

 

 想像してみてください

 

ここでは もう 周りからは 手と 麺しか 見えないのです

 

 そしてね

 

口に 運びますわね

 

 みぎはし~ ひだりはし~ まんなか~

 

もごもご もごもご も~ごもごっ

 

 麺が ナイアガラの滝のように いつまでも 切れることは ありません

 

ホイドネズミの 口と どんぶりが 麺を 媒体として 一体化しとるのです

 

もうね 曲芸ですわ

 

 呆れて っていうか この世のものとは 思えない 光景を 見てますと

 

一呼吸 置いて ・・・・ 口の中が 満杯なのでしょうね

 

 もう さすがの ホイドネズミも 口の中が 限界なのでしょう

 

おもむろに

 

あむ ・ あむ・・・ あむあむ・・・ あ~む あむむ~

 

って 噛んで 麺を 千切りだすのです

 

 気ん持ち わり~~~~~~~~~~~ (人><。)

 

せっかく 持ち上げられた 麺が 

 

 ホイドネズミに 噛み切られ

 

  こころざしなかば で

   

ドンぶりに 落ちていくんだぜ~  ……(ノ゚ο゚)ノミ(ノ _ _)ノ



(o・ω・)ノ))

 

あ~ そうか~  こいつの 前世は モテない イタリア人だったんだ

 

 そんで 日本の女なら 何とかなるべって 生まれ変わってきやがったんだ

 

ずずず~ って 吸えないんだな きっと

 

 失敗したな~ ソバの 食うとこ 見たかったな~

« ホイドネズミ その5 | トップページ | 同窓会 エピローグの続き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

報告」カテゴリの記事

コメント

( ̄ー+ ̄)フ、フ、フ
PC絵ですね。
こりゃ、さすがのホイドネズミさんも
かもよ・・・

ホイドさんの話となりゃ。ほれ、なんだ!
まるで、落語の世界だねぇ。
蕎麦だったら、完全に落語だよ(*^-^)
で?オチは????

さっちゃん≠ホイドさん…。
似て非なるものなり。
けど、どことなく似てる~(*^m^)
そういえば…カブさんの アバにも
くちびる 以外 似てるけどぉ~

個性的もユーモアも天然ボケも超越してしまってるホイドネズミさん・・・
今、何処で何をしているのか?
何か、他人ごとながら心配になって来てしまいましたよ!!!

まぁ…
ご本人を知らんので
カブさんから情報だけでの判断ですが…

虫酸が走る…
って感じかすら?

Peeちゃん どうも~
 もうね これ以上の 落ちは ありませんのよ・・・

ミーシャさん どうも~
 そういえば もう少し 眉毛がゲジゲジで
唇も 厚かったかな~
 どっかに 写真あるはずなんだよな~
今度 探して 忘れたころに 出そうっと (*^m^)

エリザベスさん どうも~
 こっちは 毎年 年賀状出してたんですよ
向こうから 突然 音信不通になったんです
 長野県の大きな牧場で 働いていたとか
栃木県の 牧場に いたとか 噂は あったんですが
 今は 本当に 分かりません
ただね 絶対 死ぬタイプじゃないですね

晴れちゃん どうも~
 きっと 鳥肌 立つと思います
身体にでも 触れられたら 失神することも忘れて 失禁するでしょう

この記事へのコメントは終了しました。

« ホイドネズミ その5 | トップページ | 同窓会 エピローグの続き »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ