« あおい | トップページ | 無題っつ~か お盆前の 何気ない出来事 »

2012年8月15日 (水)

新人教育 その14 自閉症(困難性の例①)

あっ!

 今 戸を 少し開けて また 閉めて行ったのが 自閉症の方

としおさんって 言うんだけど

 ここで 電気が点いてたり 話し声が 聞こえると

必ず チェックしますね  

 あとね 食事を 終えると 小走りで 部屋に 戻るんですけど

必ず 廊下の角にある 職員トイレを 開けて

 電気を 点けて すぐ 消して という ルーティンというか こだわりがあって

ものは 試しで ある日 角で 待ってみたんですね 


彼 やってきました  う”~ とか ほ~ とか うなりながらね

 角を 曲がった瞬間に ワタシが いたもんだから

腰を 抜かすほど ビックリしてね  ははは
       後ずさりしてたもんな~

 それから 2~3回 続けてみたんです

今では その 行動は 無くなりましたね

    
しばらく 角では 忍び足で 歩いてたな~ ちょいと 可哀そうな目に 合わしちゃった

 ただね~ 相変わらずなのが コンセントの カバーなんですよ

ありとあらゆる場所の コンセントの カバー 外して 戻してを 繰り返す

 職員がいると 注意されるからなのか やらないんですけどね

ちょっとした 隙に やってしまうんです

 取りっぱなしじゃないんで 今のところ 特に 注意というか

問題行動としては 取り上げていませんけどね


 昔 彼の 担当を したことあるんですけどね

夜 寝るときに 素っ裸で あ~ パンツは 履いてますけど

 真夏でも 敷布団の下に 寝るんです     敷き布団ですよ

その上に シーツ タオルケット 掛け布団が 掛かってる

  真夏ですよ 汗 びっしょり かいてね  

これは イカンと 思って

色々と 試してみたんですが・・

 とうとう こちらが 根負けしちゃいましてね

よ~し それならって 彼の 小遣いで 畳 買ったんですよ

 それに ホーフっていうの? それを かけて

その上に 寝具を 敷くようにしたんです

 それで その ホーフを 頻繁に 洗濯して

まずは 背中の 汗疹 湿疹を 治すことに専念したんですね

 今でも 敷布団の下で 寝てますよ

いつだったかな~  テレビで アスペルガー症候群の 特集があってね

 その方 夜 眠るときに 身体を 覆って 締め付ける特注の器具に入ってね

そうすることで 安心感が 得られるんですって

 あ~ だから としおさんも そうなんだって 妙に 納得したことがあるんですよね


アスペルガーで 思い出した・・・

 アメリカの 方なんですけど

高機能自閉症 アズペルガー症候群の方で 

 日本に 講演に 来た時のことなんですけど

自分に向かって サインを求めてくれた人が 笑顔をくださったり

 ウエルカムの言葉を くださったり 握手を求めて くださったり

たくさんの人に そういうものを もらって 感謝しますけど・・

 その人たちの 親切は やがて すぐ 忘れると思う

ところが たったひとりの 人が 紙切れに

「ようこそ日本へ よく 来てくださいました」 と 書いてくださった

 この人の 親切は 一生忘れないだろう
  って


そうそう もう一つ


ある 青年が 勿論  アスペルガー症候群なんですけどね

 仮に ウィリアム とでも 名づけましょうか

彼が 図書館で 本の整理をする 仕事をしてたんです

 ある日 お客さんが 間違った分類の棚に 本を 返したんですね

そしたら あろうことか その お客さんを 叩いてしまったそうなんです

 当然 お客さん ブチ切れますわ

そして 館長さんに 文句を 言いますわね

 館長さん

お客様を 叩くなんて とんでもないことだ

 今度 同じようなことをしたら クビだからな
 って カンカンになって 説教

ウィリアムさん  「ハイ ボス ワカリマシタ」  って

ところが 数日後 またしても 同じことを しでかした

 困り果てた 館長

専門家に 相談に 行ったんですって

 そうしましたら 館長さん 彼の ワークデスクの上に

「人を 叩いては いけません」って 紙を 貼っとけって

Don’t hit the people とか なんとかですかね

 何だか キツネに つままれたようだけど

とりあえず アドバイスに従って 彼の 机の上に 貼ったんですって

 それから ピタって 人を 叩かなくなった


不思議に思った 館長さん 彼に 聞いてみたんですって

「ウィリアム君 あれほど クチを 酸っぱくして 注意したにも関わらず

 キミは 人を 叩いた

それなのに たった 一枚の 紙切れで なぜ 叩かなくかったんだね?」
 って

彼の 答えは

「ハイ ボス・・   ボスの 命令は クチから 出て 
 
  この 空気の中で 見えなくなります

 ですが 紙に書いた ボスの 命令は いつでも 確認することができます」


だって
 
にわ
 俄かには 信じられないでしょっ

これが 自閉症の方の 特徴のひとつですね

先ほどの サリーとアンのテスト 

 視覚で得た情報が 彼らにとって 事実ということですね


スマーティ課題 ってのも あるんですよ

 スマーティってのは お菓子とか 甘いもの程度の 意味ね

え~と

お菓子の箱の中に あらかじめ 鉛筆を 入れておくんです

 そして 箱を見せて 聞いてみる 

「何が 入っているかな?」    答えは 「お菓子」 と かえってきた

お菓子の箱を 開けると 鉛筆が入っている → 「お菓子じゃなくて 鉛筆だった」

 お菓子の箱を閉じて

じゃあ これを 家に持って帰って お母さんに 見せたら

 お母さん 何が入っていると言うと思う?

学習されていない 素の状況であれば「お母さんは 鉛筆と言う」って 答えるでしょうね

« あおい | トップページ | 無題っつ~か お盆前の 何気ない出来事 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

新人教育」カテゴリの記事

コメント

いつも 勉強させてもらっています (o・ω・)ノ)) ♡
今回 カブちゃんが例題として上げている

『紙に書いたことは 確認する事が出来る・・・』

友達の 子供も同じような事を言っていました。
私は何が何だか解らなかったんでけど・・・
カブちゃんの読んで 少しわかったような気がします^^

ありがとう  m(__)m  


おはようございます。
今朝は晴れて蝉も大合唱です。
こちらはお盆が過ぎるころから朝晩しのぎやすくなりますよ~

自閉症にもいろんな症状があるのねえ。
困難症①ですか?
紙に書いたものだと消えないから記憶に残るのね?
言葉は消えるんだ~ 知らなかったなあ・・・
考えようによっては本人には 言葉によるストレスとか無いんでは?
もしかしたら ・・・うちの家人は一種の軽い自閉症?
でもないか???でも家じゅうに紙に書いて貼ってるよあれこれと
紙に書かないとなかなか伝わらないのよね結婚した時から
モラハラな所があるっていうのも 一種の脳の病気だよね・・・
超毒舌家で言いたいことをいったことを忘れているって
どんな病気でしょうねえ(*`ε´*)ノ

kuroちゃん どうも~
まだまだ たくさん あるんですけどね
 紹介しきれないな~
なんで そんなことするの?ってことが たくさん あります
 でも 原因があるんですよ
本人が持っている 特性からくる 混乱
 頭では 解っていても つい 止めさせようとしちゃう
別な行動に 置き換えることが 大切なんですよね

自閉症って 書いてるけど 実は 自開症 が 正しいのかも 字の違いを 良く見てね
 様々な 情報が 視覚や聴覚から皮膚から 入ってきて 
それを 整理するのが 苦手なんです
 我々は 見なくてもいいもの 聞かなくてもいいものは 遮断できますけどね
それらの 情報を 識別して 遮断するのが 苦手
 本人は たまったもんじゃないでしょうね

ひかりちゃん どうも~
困難症じゃなく 困難性ね
 ビジュアル・ドライブと言って 頭の中に 映像を 描いて 理解するんです
リンゴなどの 単語は 映像化しやすいでしょうけど
 叩くな!ってのは 映像化は 難しいですよね

 旦那さんの ご病気?
専門家じゃないので なんとも ・・・

口でも言っても聞かない娘。
紙に書いてももちろん聞かない・・・・

ゆうこさん どうも~
 あらあら ブログでは 良い子ちゃん 演じてらっしゃるのかしら~ (*^m^)

人それぞれに思い込みと言うか、こだわりがあるのですね!!
そんな人生好きで選んだ訳ではないのに・・・
持って生まれた宿命
受け入れざるを得ないのなら
それを個性として受け入れるより仕方がないですよね
周りの人、特に親御さんには辛くて長い道のりだと思います
ほんとに、症状は様々、(個性)なんですね
統合失調症もそれぞれに症状違いますが
自閉症も個々に違うんだと言う事
具体的な例をあげての説明よく分かりました
メモにした方が良いと言う事も初めて聞く話です
カブちゃんのお陰で統合失調症以外の
精神障害、精神疾患の事が分かり有難いです

家の旦那の兄、今回の津波で無くなりましたが、精神薄弱で、一緒に暮らしてました。
見た目も話も普通のオッサン。でも勉強全般が出来なくて学校には行かなかったそうです
字も書けなければ、足し算も出来ないのに、兄弟が覚えていないことをよく覚えていて小さい頃の思い出話で盛り上がっていました。彼には生活のパターンが決められているようで私がいろいろ注意して直そうとするのですが、絶対に変えることは有りませんでした。ホントに不思議な人であの世でもオッサン天使にでもなってるのでしょうか・・。;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

エリザベスさん どうも~
先天性の場合 お子さんは 普通だと 何も 疑いを 持ちません
 成長するにつれ 他者との比較で 違うのかな~って 思うんですよね
知的に重い方は そこまでの 熟慮ができません
 問題は 認識を持てる 知的障がい者と 親御さんですよね
どうしても 中途障がい者の 心情を 余儀なくされる
 嘘だろ? 信じられない? 何で わが子だけが? と 思ってしまう
そこから 這い上がるのに 非常に 大きな 苦難を 強いられますよね
 困った時にこそ その時にこそ 寄り添うことができる システム
家族が 犠牲になって 疲弊しないような 社会的システムの構築が 急務なんですよね
 前にも 書いたかな?
人は 誰もが 夢や希望を 携えて その人らしい 人生を 生きる 義務があるのです

mokoさん どうも~
病院では 精神薄弱 MA って使ってますよね
 今 現場では 知的障がい者本人から 声が上がって
精神が 蝕まれてるわけでは無いとのことから 知的障害って使うようになったんです
 現に 知的障害者であって、精神の障害も 重複してる人もいます
身体障害・知的障害・精神障害・発達障害 重複してる人もいますが
 これらは 基本的には 別物として考えないと 適切な支援が 行われなくなるんですよ

お兄さん 怒るときも あったでしょうけど 気の良い おっさんだったでしょ?
 人に 危害を加えない 知的障害者は 実に 愛すべき存在なんですよね
彼らの ペースで 人生を送ることが出来たら 争いごとも無い
 楽しい社会になるのにな~

カブさん。
そうです。まさにその通り
旦那はよく言ってます。兄のような生き方こそが人間本来の
生き方で、素晴らしいと(≧m≦)
あんな人生を生きれる人はそうそういないと
良くとるか悪くとるかは、人それぞれの感じ方だけど
兄は旦那と暮らして幸せだったと思います。私が嫁に来るまでは・・・;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
兄弟8人もいて、誰も面倒見ないと言ったら施設にでもいて今頃は津波にも呑まれることもなかったろうにとも思います。

mokoさん 重ね重ね どうもね~
夫婦間の 問題には 触れません
 最初の コメ返しで 書こうと思ったんですが・・・ 
17日のブログ ご覧になっていただきたいと 思います

 施設で暮らすのは 本当に 最終手段なんです
本当は 家庭で 家族で 家の畳で 死にたいのです
 地域で生活して 色んな問題があって それらを 解決できるシステムがあって
それが 理想ですよね

 お兄さん 幸せだったんじゃないですか?
mokoさん 馴染むのに 人に言えない 苦労はあったでしょ

このシリーズの中では一番解りやすい記事でした~(。・w・。 )
なるほど…確かに 聞いたことより 目で見たメモのほうが
ずっと 記憶に残ります~
東大生の勉強法、何でもかんでも ノートとるそうですもんね~。
N君は メモとってても 忘れてるけど…(^-^;

こんばんは。
いつも、楽しみにしてます。
ブログを見て うちの娘と似てると思いながら見ています。
何回も、同じ行動を繰り返すのですよ。
良く あきないかと思いますよ。
だから、てんかん発作が起きてもおかしくないですよね。\(;゚∇゚)/

遅くなりました^^アスペルガー症候群もどきの風みどりです。
今日は珍しく電話で67分も喋っちゃって遅くなりました。
え?そんなこともあるのか?って?
盆と正月くらいはね^^
今日の症例は納得ね、会話はその時だけなの、
文字は読み返すことが出来る。で、メールなのよ。
内容は同じでも文章に残すと、あの時ああ言った、こう言ったがないの。
だから、信じられる気がするのよね。
単なる人間嫌いかも知れないけどね^^二人揃って^^では^^

ミーシャさん どうも~ 
夏バテ後遺症で 早々と PC 落としちゃうんですよね
 N君は IQ75~85くらいじゃないでしょうかね
シリーズ化すると 面白いのに ψ(`∇´)ψ

kiyoeさん どうも~
一般論と 自分の 経験を入れてますんで・・・
 ですが まだまだ 勉強不足を 否めません
記事を 書くたびに 戦々恐々ですよ (@Д@;

風みどりさん どうも~
1時間じゃなくて 67分 ってところが アスペルガーもどき
 ま~ お互い カバーし合って 仲良くね (o^-^o)

この記事へのコメントは終了しました。

« あおい | トップページ | 無題っつ~か お盆前の 何気ない出来事 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ