« 納涼祭り | トップページ | マツコ バラバラ事件 »

2012年8月 8日 (水)

新人教育 その13 自閉症(関連している特徴)

全員が 全員 同じ 症状を示すかと言えば 

 そんなことは ないんですけど

認知スキルの発達段階での異常が 認められることがあります
 
 聴覚言語性過程での 認知障害は

音として 聞こえても 意味ある 語音であることが 理解できません

 視覚過程での 認知障害は

連続する絵本より 広告や図鑑のように 一個一個独立して 描かれているほうが

馴染みやすかったり  

 そして 全体を見るのではなく 細部に 集中しますね
 
 触覚、味覚や運動感覚では

味は解っていても 味わいを認知できません 味わいよりも 同じ味であることを

 要求します

見て判断するよりも、触って 物の性情を 調べたりしますね

やたら 人に触ったり トランポリンで 跳ねることに 固執したりします

 姿勢や行動にも 異常が 確認される方が います

つま先で 歩いたり 奇妙な 手と身体の姿勢を とったり

 感覚的には

おかしな 角度で 物を見たり ある特定の音に対して 耳を手で 覆ったり

痛みに 鈍感であったり 逆に 過敏であったりですね

 気分的には

はっきりした 理由もないのに 泣いたり 笑ったり

 過度な 恐怖を 示すか または 欠如

はっきりした 理由もないのに 不安がったりもします

それと 自傷行為ですね


現在 過去 未来ってのを 立ち位置と 体の向きというか 目の方向で 表現すると 

 あなたなら どうしますか?


そう 現在ってのは そのまま 立って 真っ直ぐ見て  その位置ですよね

 その立ち位置で・・・ 過去は?

うん 後ろでしょ   そして 未来は  前   そうだよね 

 ある アスペルガー症候群の方に 同じ 質問したら

現在は ま~ そのまま 立ちますわね  目は 当然 前を向いてます

 それでは 過去は? に対して 既に 見てきたことだから 前にあるって言うんです

未来は?に対して これから 何が 起きるか 解らない 見えないから 後ろ だって

そう 全く 我々と 逆の答えですね  びっくりでしょ


それと 

 シングル・フォーカスって 言うんだけど

あなたは ワタシの 話しを 聞きながら メモしてますよね

 それで 遠くで 救急車のサイレンが 聞こえたとしても

すぐに こっちの 話しに 耳を 傾けることができるでしょ?

ところが 自閉症の方は これが 困難 出来ないと云っても 過言ではないんです

 ワタシの 話しを 聞いて メモするなんて・・・ ましてや

救急車の音に 気を取られて そっちに 集中すると

 耳は 悪くないのに ワタシの 声が 届かなくなる 脳が 処理できなくなるんです

これを 一つの事象にしか 焦点を当てられない特性

 シングル・フォーカスって 言います

 
 だから 呼んでも 振り向かない こっちに 来ない場合

自分の 名前が 理解できないんじゃなく 何かに 集中しているかもしれない

 我々ではなく 母親が 呼んだら 来るかもしれない

体調が 悪いのかもしれない などと

 様々な 推測を入れて 観察する 必要がありますね


知的障害の方を 一言で云うと

 ひとことって 言い方は 大変 乱暴で 失礼なんですけど

敢えて 誤解を承知で 言いますが

 想像力 これは イマジネーション   

 創造力 これは クリエーション  この 二つの そうぞうりょくが

健常者と 云われてる人より 少し 劣ってます


 そして

自閉症者は この そうぞうりょくは 全く 無いと 思ってください ゼロです

 その方が 間違った 支援をしなくて済みます


想像力の欠如の 例ですけど

小学校1年生 30人と 小学校1年生程度の 知能を有している ダウン症の子 30人

そして やはり 1年生程度の 知能を有している 自閉症児 30人

 テストしてみたんですね

実際に 見せて どこか 見渡せる 広い 施設なんでしょうけど

 よく 聞いてね 初めてだと 混乱するから

いい?

女の子 二人が おはじき遊びを していました。 ひとりが 自分の おもちゃ箱に

おはじきを 仕舞い 蓋をして部屋を 出て行きました。 トイレにでも 行ったのかね

その時、残った子が イタズラをして 自分の おもちゃ箱に 相手のも 全部入れて

しまいました。 さて 戻ってきた子は 再度 遊ぼうとしますが

 どの 箱を 開けるでしょうか?  箱は 中身が 見えない箱ね

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ははは 混乱した?

 そうだよね      普通は 自分の箱を 開けるでしょ 

イタズラされたなんて 見てないし 気づいてないんだからね

  重さで 気づいたってのは 無しね

 この答えを 小学校1年生は 全員  自分の箱を 開けるって 正答

ダウン症の子は 数人 間違ったけど ほぼ 正解

ところが 自閉症児は 30人とも 

 イタズラした子の 箱を 開ける って 答えたんです

これは

 トイレに 行った子が 何を 考えているのか 想像できなかった結果なんです

これは サリーとアンの テストって 云うんですけどね


さて 一回 休憩

 一服したら もう少し 自閉症の 話し するね

« 納涼祭り | トップページ | マツコ バラバラ事件 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

新人教育」カテゴリの記事

コメント

実は 私も1人目の子が 自閉症ではないかと疑ったことがありました。
定期検診で引っかかったことが始めでした。
まず  自閉症って何・・・?!からだった・・・

先生は 自閉症ではないと思うのだけど 人とは視点が違う・・・と・・・。
本当  心配だった。人と視点が違うって・・・
どう接していいのか・・・よく話をしたなぁ~

結局 勉強の面は人と変わらない。
ただ、音楽・美術・数学 この教科に関しては 先生も感心する・・・
これが人と視点が違うってことだったのか・・・?

そんな事もあって 友達の子供の事がすごく気になって・・・
私がどうにかして上げれる事は出来ないけど、
どう接して上げたらいいのかだけでも知っておきたくって・・・。

難しい話ですが・・・
分かりやすい文章(説明)で
おこがましいかも知れませんが少しは理解出来たかなと!!

現在、過去、未来の立ち位置の下りでの
アスペルガー症候群の方の答えには
ううん~、それも有りかなーっと

サリーとアンのテスト、何処かで聞いた事あるますが
発達心理学「人の心を理解する」・・・
ダウン症児と自閉症児の違いにもちょっと驚きました
このテスト、大人だったらどんな結果が出るのでしょうかね
私、は自分の箱をあけるですが・・・単純ってことでしょうか(笑)

おはようございます^^
私は実は昔からなんだけど、何かに気をとられると、
話しかけられても聞こえなくなります。
たとえば幼い時に絵本を読んでいて母親に話しかけられるとするでしょ?すぐ横で。
でも、まったく声が聞こえないの、母親は怒るよね「返事しなさい」って。
でも、その声も聞こえない、絵本を取り上げられてから初めて気づく。
もっと大きくなって受験勉強とか始めた頃にはやっぱり前にあるものにしか見えなかった。小学校一年生から高校三年生まで「ものすごい集中力・記憶力」「感受性が強すぎる」この二つはずっと書かれていたわね。それも、これも、ずっと「変わり者」だということで片付けられてきたような気がします。でも、ちょっと「ヘン」って思われている方が楽なのは、やっぱり私が「ヘン」なのかも知れないわね^^では^^

いろいろ勉強になる話だわ・・・
サリーとアンのテスト、テレビかなにかで
最近みたことがあるような・・・

kuroちゃん どうも~
 まずは 個性として 認めてあげることだよね
奇異な行動を とるとしても それが 周囲に迷惑でなければ 受け入れる
 迷惑な行為であれば その子と こちらサイドの 妥協点を見つけること
止めなさいじゃなく こうしたらっていう 迷惑にならない行為を 提供すること
 前にも 書いたと思うけど
知的レベル コミュニケーションレベルを きちんと 把握して
 その子が 解る 態度で対応すること
感情的にならないこと
 色々と 注意点 留意点はあるんだけど
母親が 一番の 理解者ですから
 その子の 母親と 良く会話することからですかね

エリザベスさん どうも~
テストを 受けさせられた子は 一部始終を 見てるんです
 ですから  トイレから 戻った子は イタズラされてるなんて
思ってもいません それで 自分の箱を 開けようとする これが 普通です
 ですが 自閉症者は 見たもの それが 事実なんです
発達心理学の側面からも 研究されてますね
 3歳から4歳にかけて 特に そこいら辺で 何らかの発達障害が認められるんじゃないか
だとかですね
 これといった原因は 未だに解明されていません
個々人の症状 特性に応じて 支援する 
 今は これに つきますね

お疲れさま~^^ノ
今回も 本当にわかりやすくて お勉強になりました^^b
思わず… φ(..`o)【そっとメモっとく♪】 

風みどりさん どうも~
失礼ながら オイラが 病名を 
 アインシュタイン症候群 
 知的障害を伴わないサバン型症候群
 ジョナサン・スウィフト症候群
 かざみどり症候群 
  opportunist・syndrome
お好きな中から お選びください

  大変 失礼を いたしました・・・(*v.v)。

ゆうこさん どうも~
なぜだか 自閉症関連領域の障害を 有した子が 増えてるんですよね
 人付き合いが 苦手なんで 職種も限られてくるし
知的に重い子になると 診断すら難しい場合もあるし
 国は 医療や福祉の現場を 切り崩してくるし
消費税を上げて 年金やら何やらってのは 詐欺のようだし
 やれやれですわ・・・

kikyouさん どうも~
 恐縮です
自閉症の方も 個々人 違いますんでね
 対応も 千差万別です
自分の職場の利用者を 頭に 描きながら 話してますんで
 基本的には 一般論ですが
多少 ピントが ずれることもあるんですよね

自閉症って 線引きが難しいですよね。
この前も 思ったんだけど…
沢山項目があって、何点以上が そうだと 診断される。
それだと、診断する方によって 若干判断の偏りが ありそうだし…
それに、上のような 反応や行動や思考は 健常者にも 多少見られると思うし。
例えば 常識を学ぶことの出来る人達は
自分のしたいことを ある程度我慢して 非常識にならないように出来ます。
それだと 健常の括りですよね。
けれど、常識を 学ぶ力のない人達は…我慢しないから 非常識に見える…。
健常者の括りの人達が、常識を 無視してもよいとしたら…
今と違った 反応や行動や思考が おおいに見られると 思います。
本当は それが 人本来の姿なのかも知れませんね。

って、カブさん!
何でか 今日は コメントを書くの 名前やら アドレスを いちいち入力せないかん
なんで~~(@_@;) なんでこうなったーー?意味が解ら~ん (つд⊂)エーン

ミーシャさん どうも~
 線引きね だから ASDとして 捉えるのが 支援方法が 定まっていいと思います
ですから オイラのところでは 自閉症と診断されてるのは わずか 4名ですが
 オイラの独断で 他に 7名の方をASDと捉えて 支援方法 声の掛け方 接し方を
工夫してます

常識ってのは 大半の人間 マジョリティのルールですからね
 ある程度の ルール 法律 規律 内規は
枕を高くして 眠るための 保身からきてるものですよね

話し 変わります
 何らかの原因で キャッシュが 飛んじゃったんでしょうね
オイラも たまに あります

コメントなどを 送信するときに 相手と 被ったときに
 多いんですが・・・
ちょいと 原因 回避方法は 分かりません 
 コツコツと 入力してくださいね ははは

こんばんは。
うちの娘も、トランポリン・ブランコ・バランスボールが 大好きですよ。(^O^)/
音楽も好きです。音楽にのって跳ねてますよ。
でも、急に泣き出すことも 多いですよ。

kiyoeさん どうも~
趣味を 探すこと 見つけることが 困難なんですよね
 色んな 経験から 好きなこと
自分を 安定させることができるものが あるのと ないのとじゃ 雲泥の差ですからね
 フラッシュバックのように 嫌な記憶の 遅延発現は やむを得ませんが
極力 泣き出す 原因が 解れば いいですね

ヾ(*゚A`)ノ 頭が混乱してますー。コピーとってゆっくり読みなおしますね~^^
この中で 合点したことがあります。

現在 過去 未来の所ですが、アスペルガー症候群の人の、
【過去は 過ぎ去ったことで全部見えてるし 覚えてるから 前にある。
未来は 見えないし 予測もできないから  後ろにある】のこの部分です。

この考えは、ネイティブ アメリカン(インディアン)の大昔からの言い伝えだそうで、
私は、この事を知ってから人生が変わったような気持がしてます。
まさにそうだ、この生き方をすれば失敗したことも解るし、
幸せになる方法もわかる、見えない未来におののく事も無いしと。

人間は同じ過ちを何回も繰り返すおバカさんだから、過去の失敗を何度も
反省しなきゃだめなのにね(*`ε´*)ノ・・・・原子力の事・・アホ政治家め(`Д´)

カブ先生のお話し、大いに役立っています  (=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
アスペちゃん達の発想では、~~するべき、~~しなければならない
日本・世界中の気難しい国では 生きにくいかもしれないけど・・・

ひかりちゃん どうも~
カブ先生は よしてくださいな ははは
 こちとら 受け売りが 殆どなんですから

生産性ばかり 追い求める 今の世の中では 狂うばかり
 文化を 育むことができるのが人類の 特権なのにね

この記事へのコメントは終了しました。

« 納涼祭り | トップページ | マツコ バラバラ事件 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ