« 夢のお相手ⅩⅩⅩ | トップページ | 夢のお相手ⅩⅩⅩⅠ »

2012年9月 2日 (日)

新人教育 その18 マニュアル①

さて マニュアルと言っても
 
 施設に関わることと 利用者に関わることが あるんだけど

まずは 利用者に関わることを 説明しますね

 利用者に対して 24時間 365日 その方の 特性に応じて

何らかの 支援を 行う訳ですけど

 その方の 特性 個性と いったものを 調べるのに

一定の 項目に従って アセスメント(評価)しなけりゃ なりません

 それで

項目的には 移動や移乗 車いすからトイレだとかね それらを 含めた歩行状態

 排泄の様子 後始末とか

食事 着脱衣 洗面 口腔清潔 理・美容 爪や耳 鼻のお手入れ

入浴 洗濯 睡眠 薬の服薬管理
に至るまで  生活の全てですね

 本人が 出来ない場合に 支援するわけですが

その時に 抵抗しないか?なども 評価します

それと 例えば

 個別サービス計画書に 「配慮食」と 記載した場合 

支援内容の 欄には

 「疾病」(Dr.の指示がある場合)

 「低カロリー食」(肥満に気をつけなければならない場合)

 「偏食」(著しい偏食があり、特別に対応している場合)

 「摂食能力」(丸のみや嚥下の問題で、刻み等の配慮を要する場合)


4項目のうち いずれか 重なる場合も ありますけど 記載して

 右の欄に 詳細を 記入します


5:00から 消灯時間の22:00までの 時間帯に 共通サービスを 記載して

 その隣に その方 特有の 支援を 記載することになります

更に その 隣に 支援内容を 詳細に 記入

 障害程度 支援程度が 大きくなると びっしりと 記入されることになります

時間に沿った 支援を 展開するわけですが

 適宜支援って いうのも ありまして

通院 日用品の準備や購入 お小遣いの管理 地域資源の活用 

 保健衛生は 便秘がちな方がいて 浣腸等の医療行為を施す場合ですね

健康面では 面倒くさがって 定期的にシーツを

 取り換えない方も いるもんですから どうするのか 記入します

他には 不適応行為 自分や他者に 危害が及ぶような問題を 書きだして

 どのように 支援していくのか 明記します

あとは

 要求(嗜好)  タバコやお酒を 好まれる方ですね

身体状況急変時という 項目も 設けてます

 水中毒で 低ナトリウム血症を起こして 倒れる方もいますし

胆石を 持ってる方もいますし   糖尿病で 低血糖を起こす人もいます

 あと 怖いのは 狭心症の方ですね 心筋梗塞を 起こしますのでね

うん 夜勤室にも 医務室にも 個々人の マニュアルあるから

 症状とかも 書いてるんで いざって時には 慌てないで 行動してね


低血糖を起こす可能性の高い 女性を 例にすると  ○○さんって 言うんだけど 

 危険度の高い順から

1・下痢や嘔吐の持続 2・食後6時間以上の空腹時 3・食事摂取不足

4・過剰与薬(インスリン) 5・激しい運動 6・アルコール過飲


ま~ 彼女の場合は お酒は 飲みませんけどね

 それで 普段からの 彼女に対する 留意点なんだけど

風邪で胃腸症状がある

起床から朝食までの間

多大な疲労が見られる

体力が著しく消耗した(前日の高い気温時にも留意)


 日常では 起床時の顔色の確認 起床後の行動の確認を します

症状的には 中枢神経症状が 表れます

 ぼーっとする

 反応が鈍い

 反応がおかしい
  です

これらも 支援マニュアルに 全部 書いてますから

 一度 目を 通してくださいね

そう どうすれば良いのかも 載ってます 

 ブドウ糖も置いてますし  コップにも 線を引いて 医務室にありますから

その線まで 水を 入れて 10gの ブドウ糖を 溶かして 飲ませるんです

 
 月曜日から 金曜日の 日中は 誰か彼か いますからね

何とかなりますけど

 問題は 土日や 夜間ね

また 不思議と 事件や事故ってのは  人の少ない時に限って 起こるんだよね

 まっ 運よく  事に 当たったら 頑張ってね ははは

そうそう ・・・ 10年以上も前の話しになるかな~

 年配の 女性でね

ある時 お餅が 出たことがあって

 危険だから みんなで 食堂で 食べましょうねって・・・

ところが 彼女 黙って 内緒で 部屋に 持ち込んで 食べちゃってね

 当時は 4人部屋だったんで

同室の人が  たいへん たいへん 高田さんが 倒れてるって

 それって 駆けつけましたら

尿失禁して 顔が ぶす黒くて    一目で 喉つまりだって

 もう 必死で 胸 押してね

しまいには 逆さまにして 背中 思いっきり叩いて  そしたら

 幸いにも 餅が 出てきてね

裾が はだけて おっぱい ぺろんちょって

 もうね おっぱいどころじゃ ないですよ

 

そう ワタシも 順番に 蘇生法やって

 まもなく 着いた 救急車で 搬送

その時は 運よく 助かったんですよ

 ところが 後遺症が 出ちゃって

車いすの生活 そして 癲癇発作まで 発現しちゃってね

  その女性ね

普段から  わたし カブさんのこと 好きだ~ って 冗談でも 嬉しいよね

 ある日 泊まり明けで  さ~て ○○さんの 顔でも 洗うか~って

タオルを くるっくる 振り回して のんきに 洗面所へ 向かおうとしましたら

誰か 来て~~~ って 絶叫

 こりゃあ ただごとじゃないぞ って 持ってた タオル 投げ捨てて

駆けつけましたら・・・ 彼女 

 

5時の 巡回では 息を してたんだって

 それでね  ワタシは 医者じゃないけど  

首筋に 指を 当てながら  目を見てね

 あ~ 死んでる・・・な・・・

 一緒に 駆けつけた 相方に  救急車って 声かけて

そんで 隣にいる 共に 夜勤をした 女性職員に 

 これから 人工呼吸するから   空気が入ってるかどうか 横で 確認してねって

マウス・ツー・マウスですよ

 だって 布団から出てる 手は 冷たいんだけど

布団の中の 腕は まだ 温かいんですよ

 救急車 来るまで 何回 やったんだろうな~ 必死だったからな~

病院で 死亡が 確認されてね

 残念でしたが・・・

ま~ね~  生前  ワタシのことを 好きだって 言ってくれてたんで

 最後に 口づけしちゃったね   喜んでくれてると いいんだけど ははは

ま~ 色んな事 ありますよ

 今回は 病院での 死亡が 確認されたんで 問題なかったんですけど

体罰とかの 所見も無いしね

 おそらく 発作を起こしちゃって 心臓が 耐えられなかったと思うんですよね

でもね

 明らかに 不審な 死に方の場合は 現場保持ね

救急隊員の 通報で 警察が 介入することもあるから

過去に 一度 エライ目に あったからな~・・・

« 夢のお相手ⅩⅩⅩ | トップページ | 夢のお相手ⅩⅩⅩⅠ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

新人教育」カテゴリの記事

コメント

自分の意志をちゃんと伝えてくれる人との
コミニケーションは取りやすいでしょうが
感情を表現してくれない人を支援と言うか介護は難しいのでは・・・

どんな仕事ものみ込むまでは大変だと思いますが
特に心を持つ人間と関わる仕事は私達には計り知れない苦労があると思います
また、反対にやりがいのある仕事にも・・・
今は新人さん、カブちゃんに鍛えられそのうちに頼もしいスタッフの一員に(o^-^o)

エリザベスさん どうも~
この 低血糖を起こす女性は 言語がありませんので
 どのように 具合が悪いのか 推測するしかないんですよね
それで 倒れてから 発見することが多かったんですが
 このようなマニュアルを 備えて 起床からの観察で
事前に対応できるようになったんです
 それまでは 何となく 調子が悪そうだなって所見だけで
具体的なものが無かったもんですから
 こりゃ イカンと思いまして これらは5~6年前に オイラが整備したんですよね

カブさんの施設は色々と考えていますね。
コミニケーションが 難しく 娘なのにね。(ノ_-。)
重度の子は 居場所が 無いのが現実ですね。

イマ、みんなの旅行って本読んでるんだども、
「精神病棟」が舞台の本じゃった(^_^;)
適当にかりてきたけど、カブちゃんの話とカブってる??
って、まだ、5pしか読んでませんの(^_^;)

kiyoeさん どうも~
そうなんですよね
 個々人の性格や特性にもよりますけど
通常 我々のような施設は ある意味 家庭的なものを目指してますので
 他害行為 睡眠障害 飛び出し 最低でも これらの行為を頻繁に行う方は
難しいです
 だからといって 重症心身障害児施設にも 馴染めない方が いますよね
自閉症者専用の施設も少ないですし
 こちらにも ASDの方々が1割ほどいらっしゃるのですが
他の利用者の方が原因で 不安定にさせることも 多いです
 手厚い支援を行えるような インフラ整備が必要なんですけどね

ちゃちゃさん どうも~
こちらにも 知的障害のほかに 精神疾患を合併されてる方が20人強
 その中でも 4~5人程が 非常に難しい支援を 強いられてます
本来であれば オイラのような施設には 馴染めない方々なんですよね
 そうですね~ 疾病のシリーズは 一旦 閉じたんですけど 数例UPするかもですね

そうなんですね。
うちの方は 自閉症の会がつくった施設と自閉症の親の会が つくった施設があります。
自閉症の会は 生活支援・多機能型・就労継続支援A型があります。
自閉症の親の会は 生活支援です。
現場実習の時に 自閉症の会の多機能型に行って来ました。
そこで 反省会で 生活支援が良いと思いますと言われました。
どうしてもというなら 取りますと言われました。
今度 見学行く場所は 自閉症の親の会が建てた施設です。
日中一時等の手続きが終ったら 今のところをキャンセルして使うつもりです。
やっぱり、自閉症の人の親が建てた 施設は 優しいだすね。
大らかで 良いですよ。

う~ん いろんな事が頭の中をグルグル回っています
持病を持った方の しかも言葉で表現できない方の場合
顔いろ等で 体調を見て支援する・・・・
やる気があり、気がつき、周り人の世話が好きな新人さんなら
大丈夫でしょうが・・・最近の過保護で育てられた新人さんには
逃げ出したくなるような パニックを起こしそうなマニュアルですね
楽しいあったかい職場なら 長続きしますよ
それから、産まれ持った宿命にどのような仕事と相性が良いか
それを鑑定するのも 私の仕事なんですよ。
事務系か 現場系か 人に言われるままにする仕事か 自分の発想力が
必要な職場か 人に仕える仕事がダメな人もいますよ。

カブさん じーっと新人さんも観察して ご指導を頑張ってくださいね;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ 

kiyoeさん どもども
先の施設 同業者として 恥ずかしい限りです (;´д`)…
 我々の仕事は 家族も 安心していただくのが 必要なんですが・・・
物理的に無理なのか 企業努力で何とかするのか
 誠意はあるのか 色んな意味で ご家族の方には 看破されますよね
正直に申し上げますと 確かに 本音と建前はあります
 出来ること 出来ないことを 誠実に話し合う
その 努力が大切だと思っています
 利用者の特性を 問題行動ととるか そうではないと 割り切れるかは
施設の そこで働く 職員のキャパシティの問題かも知れませんね

ひかりちゃん どうも~
どっかで 書いたかも知れませんけど
 3・4・3の法則 サシミの法則って言って
出来る3割 普通4割 出来ない職員3割ってね
 出来ない職員3割を 排除しても 4割の中から 3割に位置する職員が 出てくるんだって
だから 底上げするしかないんですよね
 やっぱり 向き不向きって あるんでしょうね・・・
どんな素人でも できるように マニュアルってのは存在しますが
 そこに 気持ちが 入って 初めて 機能する
そんな マニュアルを 今後も 模索していきます

施設に寄って こんなに 誓うですね。
カブさんの 処は 良い施設ですよ。
施設の中で 良い職員とちょっとねと思う職員がいますよ。
私が 見ても 分かりますよ。(*゚ー゚*)

人工呼吸って 学校の行事の講習とかで
何度か受けて、知識はあると思うんだけど、
実際 目の前で心臓停止した人に 施せるかと言われると…
すくんじゃって やれないと思います…
カブさんは凄いですね~。強い人です。

kiyoeさん どもども
あまり 買いかぶりしないでくださいな ははは

ミーシャさん どうも~
 今は 呼気を入れなくても いいですからね
とにかく 救急車を要請して その間は 心臓を ひたすら 圧迫する
 それで OKですからね
オイラは アドレナリンの沸騰スピードが 比較的 速いと思うんですよね
 そして 人格が 瞬間的に分裂
熱いオイラと 冷たい視線で 物でも見るかのような 冷徹なオイラと
 それが イザって言うときに 出現して バランスよく 拮抗する
自分では そのように 分析してます

こんばんは^^
母が亡くなった日のことを思い出しました。
母は夜中に心筋梗塞で自宅で倒れたのだけど、
救急車を呼んだけど、間に合わなくて、
でも、救急隊員の方が病院に運んでくれました。
救急隊員の方は医師に叱られてましたね。
自宅で死亡したのだから、結局、母はその前にいつも通ってた個人の病院に行っていたの、その時は「胃痙攣」だと診断されてモルヒネを注射されてた。心筋梗塞なのに。
私の目の前で救急病院の医師が個人病院に電話して、それがわかった。
医療ミスだった。で、私がその個人の病院を訴えようとしたのだけど、
その時の医師が同じように亡くなったの、で、私の怒りは宙ぶらりんになった。
結局、その病院は潰れちゃて、今は跡形もない。
父の場合は院内感染だったし、その時の悔しさも宙ぶらりんに。
カブさんのお仕事はハードだけど、きっと亡くなった方はカブさんに感謝されてると思います。大変だけど、頑張ってね。では。

風みどりさん どうも~
 お忙しいでしょうに 今は 落ち着かれた時間帯ですか
訴えると 互いに 傷口が広がる場合があります
 それで 良かったのかも知れませんよ
無責任な意見で 申し訳ないけど・・・

院内感染の例は 稀有ではありませんね
 実は その話題にも触れた 記事を用意してるんですよね
答えは 出していませんけど
 彼女との 話し これだけじゃないんですよ

あっ 本 探したんだけど
 見つからなかった 春? で いいのかな
色々と 検索してもらったんだけど
 今週は 入る予定が無いって
どうなっとんのじゃ?
 出版社も 題名も判らんのじゃ(○`ε´○)

えッ!今は 呼気を入れないんですか~~!
知らんかった~~~~~
のほほ~~んと 日々を過ごしている私みたいな主婦には
入って来ない情報です…
心臓を 圧迫する……確か胃の上あたりだったような…。
いつ 何時 そのような場面に遭遇するか分からないから
知識の更新は 必要ですね~!
…出来るかは さて置きですけど (^-^;

ミーシャさん どもども
気道確保して 上手い具合に 呼気を入れるってのは 素人には 難しい
 直接 マウスツーマウスは 感染症の心配や やはり 他人には 抵抗もある
救急車が来るまで とにかく ポンプ(心臓)を 動かして
 脳に 血液を送る 焦ることはないんです 
一番 まずいのは 周りの人間が パニックを起こすことですね

この記事へのコメントは終了しました。

« 夢のお相手ⅩⅩⅩ | トップページ | 夢のお相手ⅩⅩⅩⅠ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ