« 日記 平成25年5月2日(木) ちょっと イラッとしたのよ | トップページ | 田・田 »

2013年5月 4日 (土)

熊 出 没 注 意!

 この 看板が 取り外されたのは いつだったか・・・

ダムへ通じる 獣道に 立てられてたんだっけ?

 ここ数十年で どんどん 開発が進み

木々は 伐採され

 道路は 瞬く間に 整備され

ここらは すっかり 人間たちの テリトリーに なってしまった

 
時折 熊が 姿を見せたと ニュースにもなるが

それも 年に 1回か2回 あるかないか・・・



 そういや ここは 田んぼだったんだ

  1町5反 
 14 876.0331 m2  

約15000平方メートルに 苗を植え 米を生産してたんだった

 それも すっかり 宅地になって

昔の 面影なんて 想像するのも 難しくなった


ここの 宅地・・・

 アスファルトが 隆起しちゃって

そうそう ここは 地下水脈が 非常に浅いところにあって

 少し 掘ると 水が 湧き出るところだったんだ

そして ドジョウが 住んでいて

 すごい 生命力だよね

冬の間は 冬眠しちゃってるんだろうね

 田植えの時期になると いつの間にか 姿を見せていたんだけど




 春先 トラクターに ロータリーを 取り付けて 荒く 起こして

水を 引き込む

 次に トラクターの 両輪を 外して 代掻き用の 鉄の車輪を 取り付けます

後部には 櫛の形をした 鉄柵をつけて 田んぼの中を 走り回ります

 土を トロトロに 砕く作業です

ジャージの上から ツナギを着込み  更に 上下 カッパで保護します

 オニギリを 持って トラクターに 朝7時に 乗り込みます

軽油は 前日に 満タンにしてあります

高台から 川沿いにある 田んぼまで 斜路を くねくねと降り 

 100m先の 田んぼに 入ります


 トラクターは 平地でも せいぜい30Kmくらいしか スピードは出ません

水の中だと 更に 遅いはずですが

 水の流れに 騙されて

水の上を 滑っているような ともすれば 水面ギリギリを 滑空しているような

 錯覚に とらわれます

目一杯 アクセルを吹かして 代掻きに 没頭しますと

 田んぼに 張った 泥水が まるで 海の波のように 

  まるで 船にでも 乗っているかのような 錯覚を 覚えさせます

波紋のように 水が 拡がっては ぶつかり合って 更に 輪の方向を変える

 見入っていると 確実に 船酔いを起こします

遠くに目をやり 余裕があれば 空を 見渡し 

 妄想に 耽りながらの 作業となります

鉄の車輪に 巻き上げられた 泥水は

 容赦なく 降り注ぎ  

車体のみならず 俺の身体も 泥だらけ

 泥鰌の気持ちが 解るってなもんです


この 田んぼが 開墾された最初の年

 まだまだ 土壌が 安定しておらず

出面さんと云って 手伝いに来て下さる おばさん? おばあさん?

 昔の人は そんなに 背は高くないと云っても

腰まで 埋まり 身動きが とれなくなったとのことです

 7枚の田んぼが ありましたが 

一番 大きな 田は 120m×50m その 途中で 埋まっちゃうわけで

 トイレに行きたくなったけど 脱出できず

そこで 用をたした おばあさんも いたと 逸話が 残されてまして


 自分が 本格的に 農業に 取り組むようになった時には

米の生産は やめちゃってたので

 88もの 手間が掛かると言われる コメ作り

今では その 作業手順の詳細も 曖昧ですが


 浴槽で 種もみを 発芽させてたな~ お湯を張って その中に 沈めてたっけ

ビニールハウスの中に 苗床を作って 更に ナイロンを 掛けて温度管理

 種もみを ばらまいた後
                    
ふるい
歩み板に乗って 移動しながら 篩で 土を 優しく 丁寧に 掛けてたんだ


 俺の家は 山の方に 越しちゃったんで

昔からの 親父の農家仲間から 離れちゃったんだけど

 芋蒔き 田植えだけは 手伝いが無いと 出来ないわけで

トラックで 出面さんを 迎えに行って お祭り騒ぎのようだった

日程も 各農家で 決まっていて

 俺の家が 一番 遅かったようだ 山だしね


 田植えは 2日間で 勝負をかけるんだけど

40年前の物価が どうだったか知らないが

 昼食の準備 夕飯は 宴会絡みで

30万円は 吹っ飛ぶって 母が 言ってたな~
 

 さて 代掻きで 泥鰌の気持ちが解った 俺は

全身 ガビガビの状態で トラクターの上で 昼食を 摂るわけです

 そして 休む間もなく 再度 エンジンスタート

7時半頃が 限界でしょうね

 ライトを 点灯させても 視野が 極端に狭くなります

周囲は 人っ子ひとり いないわけで

 いるとしたら クマか キツネ あとは  妖怪の類でしょう

灯かりの 届かぬ 先の暗がりに 何か 気配を 感じるのです・・・


若干 船酔い気分で トラクターを 走らせ 帰宅します

          ・・・ 心なしか トラクターも 疲れたと 言っているようです

 エンジンを切って 車上から 降りますと 必ず こけます

半べそを かきながら ホースの水で 頭から 泥を洗い

 ある程度 落ちたところで カッパを外し ツナギを 脱ぎます

鏡を見ると 顔も 真っ黒け

 これが 高校生時代の 日曜日の 一コマでした


               
   トラクターの免許?   田んぼの中は いらんのよ

 
 

« 日記 平成25年5月2日(木) ちょっと イラッとしたのよ | トップページ | 田・田 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野良仕事」カテゴリの記事

回顧録」カテゴリの記事

コメント

去年バイトに行った農家の隣の敷地に長いも作ってる農家さんがあって
収穫の時にかなりのバイトさんが来ていたの!
で、オヤツの時間に収穫箱を逆さまにして並べてみんなで食べてたけど
すごい量で、あれは結構お金かかるね~って言ってた。
でも30万は掛かってないな?
農家の仕事はやっぱり儲かるのかな?
去年のバイト先では家を新築していて、今年用にキャンピングカーを買う予定で
1千万貯めたって言ってた。
カブさんは今の仕事定年したら農家継ぐのかな?

のらデジさん どうも~
農家も ピンキリですよ
 30年前は 芋は作れば作るほど 儲かる時があって
耕作地を広げて トラクターとか資材にも投資して
 翌年から 芋の値段が暴落 かなりの農家が潰れちゃいました
米だって 自由市場じゃなかったし減反政策とかもあって 
 苦労に見合わないと 判断して 止めたと思うんですよね

のらデジさんがバイトしてた農家さん 景気が良さそうで 何よりですね
 皆さんの 血と汗の結晶なんですよね
でも 結構 借金もあると思いますよ
 キャンピングカーにしたって 必要経費として 落としてると思いますよ

定年退職したら・・・
 退職金も微々たるものだし
細々と 食べるくらいの野菜は 植えると思いますけど
 何だかな~ 百姓は もうたくさんだな
・・・ どうすっかな~ (;´▽`A``

こんにちは。
そうですよね、確か、40年ほど前までは、田植えも稲刈りも、手作業だったような?
家は農家ではなかったけど、職場の人が親戚の手伝いに行ってました。
月曜日は、腰が痛いと悲鳴をあげてました。
いつのまにか、機械化が進み、大勢ですることはないんじゃないでしょうか?
減反も進んで、未来の食料確保が心配になります、ははは
どうなる日本の農業?

うわ〜ご苦労様な思い出ですね。
でももの凄ーく格好イイ!です
ドロだらけになって働く姿ってキラキラしています。
私ね、運転中に見掛ける道路工事や
家の外構工事の職人さんとか
素敵だな〜って想うんです。
何事も、一生懸命は美しい!

ジャネット・ぽこ・リンさん どうも~
きちんと 勉強していないんで よく判らないんですけど
 TPPで どうなるんでしょうね
農家は 農協に人質になってるから 導入して 潰した方がいいんだという意見もあるし
 ただ 間違いなく 悪い条件で 交渉する羽目になるでしょうね
国は 平気で 数値にウソを書きますからね ア~ヤダヤダ (;´д`)トホホ…

けめさん どうも~
一生懸命ってよりも 悲壮感たっぷりですよ~
 好きでやってたわけじゃないからね
親父の 言いつけなんですもん 一種の虐待ですよ 虐待
 ただ このお陰で 柔道部の しごきからは 開放されましたけどね ははは

うちも、田んぼ、どうなるかな~~って、かなり不安(^_^;)
わたい、腰痛持ちだし、コメなんか、つくりきらんしな~~~(-_-;)
あ、ちなみに、うちの家は、700年前、海だったそです(*^。^*)
田んぼの下のほうから、草履みたいなでっかい
牡蠣殻がでてくるという(#^.^#)

昔は新潟辺りのお米が一番美味しかったけど、
今は温暖化が進んで、北海道が一番美味しいお米の産地になったって
TVで 言ってるの見ましたよ~。
全身泥だらけで トラクターを操る高校生か~
コンビニの前にたむろしてる子達より 数倍カッコいいっしょ(v^ー゜)

ちゃちゃさん どうも~
 もっと お宝 出てきませんかね?
なんとかサウルスとか

 じいじ 復活して欲しいよね 美味しい お米だもんね 佐賀錦だっけ?

みーしゃさん どうも~
見学者は カラスだけですよ
 その 心細いこと・・・
でね カラスの子が まだまだ 飛ぶのがヘタクソでね
 一度 田んぼに 落ちてきたんですよ
可哀想だから 畦に 運んでやったら
 なにを 勘違いしたのか 親ガラスが オイラに 攻撃してきてね  まったくも~ 
しつこいったら ありゃしない エライ目に遭ったんですよね (@Д@;

自分で作った米や野菜が1番安全
スーパーのは・・・
カブちゃん 定年退職して野菜作って私に送ってね(^_-)-☆
その頃 私生きてるかな・・・(^^ゞ

音姫さん どうも~
きっと オイラのほうが 年上かもよ
 だから 一足先に パラダイスで 酒を飲んで エンジョイしてますって (゚m゚*)

さがびよりだよ~~~

∑(゚∇゚|||)すんずれぃ~しましたぁ~~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 日記 平成25年5月2日(木) ちょっと イラッとしたのよ | トップページ | 田・田 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ