« 研究発表 「てんかん発作」 ⑤ 抗癲癇薬 副作用①編 | トップページ | 日記 平成25年5月6日(月) 風邪か? »

2013年5月 7日 (火)

田・田・田

収穫時期になりますと

 水を抜いて 足元を 乾燥させなければなりません

コメ作りを 始めた当初から 稲刈りバインダーは あったのかな?

 田植え機は 無かったのは 覚えてるけど

だから 男性陣は ビニールハウスから 苗を運んで

 田んぼの 所々に 投げ入れる

それを 拾って 女性陣が 田植えをするっていう スタイル

 手伝いの男どもは 殆ど 楽な 立ち位置

出面さんの 女性達は 時間になると トラックで 送り返されますが

 昼真っから 酒を飲んで ほろ酔い気分の 男ども

そんな 輩が 夜になっても 長々と 最後まで 酒を飲んだくれる

 調子に乗った 叔父に

跡取り息子は 酒くらい 吞めなきゃダメなんだ・と

 ビールを 駆けつけ3杯だ・ と 一気飲みを 強要され

目を 回されたのが

 中学校1年の 6月


さて 

 収穫でした

自走式の コンバインなんて 高価なものは ありません

 それでも 2条刈りのバインダーで 稲を 刈り取り 同時に 結束していきます

結束された 稲を 穂を下に 2本ずつ 重ね合わせ 人の字にして 立てていきます

 日にちをおき

少し 乾燥した 稲穂を 本格的に 乾燥させるのに 登場するのが ボンズグイ


 ようするに 直径 15Cm 1間半くらいの 木の 杭なんですが
                        
うが
鉄の棒で 田んぼの 一箇所に 穴を 穿ちます 

 今度は その穴 めがけて 

先っぽを 尖らした ボンズグイを 突き刺します

 何度も 何度も 何度も 突き刺して

多少の 揺れでは 倒れないほど 突き刺すのです

 それを 数十本

この作業も 腕が 棒になります 手のひらの皮が 剥ける事もあります

 そして まずは 結束された 稲穂を 4束を バッテンに 結わえます

Cocolog_oekaki_2013_05_01_19_42
更に この上に 稲穂を 重ねていくわけです

 身長よりも高く  ただ 重ねるだけで 縛ったりはしません

前日に 雨などが 降ると

 稲穂に 泥が 付着していて・・・ それは それは 最悪です

 
Cocolog_oekaki_2013_05_01_19_51

脱穀前に 雪が 積もることもあります

 

さて 脱穀です

 ある 晴れた 秋の日

十分に 自然乾燥させた 稲穂

  脱穀機の出番です


あっ! マムシ・・・

 親父と お袋 他の お手伝いの皆さんは 作業に没頭しております

このまま 放置するわけには いかないと判断

 ゴム手を はめてましたので

頭を 捕まえまして


 親父~ ヘビ いたわ

  この 色は マムシだよね


!?
Σ(゚д゚)


 あっ こらっ まてっ 

  ありゃりゃ・・・    

 親父 わりい~ 逃がしちまった

  脱穀機の 下に 潜り込んだどっ

\

なぬ~ ヾ(.;.;゚Д゚)ノ

 なに やってんだ おめ~わぁ~

\

脱穀機の エンジンを 切って

 しばし ヘビ探し・・・

しかし とうとう 見つからず  気まずい 雰囲気の中 作業再開

 結構 強めに 首根っこ 抑えてたんですが

尻尾を くねらせて それが 腕に 絡み付いたんで びびっちまったか はははっ

さて 脱穀した後の 稲ワラ

 芋を 埋ける際の 保温材になる 貴重な資源です

ビニールハウスに 山積みするんですが

 これが また 大変な仕事で

天井に着くまで 積み上げるんですが

 鼻の穴まで 真っ黒になるんです

そして ネズミが 巣を作って 目の開いていない 子ネズミが・・・たくさん・・・

 親ネズミは 気配で 既に 逃げ出してます

聞きたい? 

 いや 止めときましょう

 

 これが 高校生時代の 日曜日の 一コマでした

« 研究発表 「てんかん発作」 ⑤ 抗癲癇薬 副作用①編 | トップページ | 日記 平成25年5月6日(月) 風邪か? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野良仕事」カテゴリの記事

回顧録」カテゴリの記事

コメント

中学生の時に飲酒を覚えたんだ。
それも親に強要・・・
そして今のカブさんがあるんだ( ̄ー ̄)ニヤリ
畑作業にはねずみが必須?ってくらいいるよね。
これが私的には絶対無理~~
だから子供の頃から猫が好きなんだ。

ぐふぐふっ。
カブさんの「お酒好き」 のルーツが垣間見えたような

稲穂のバッテン←お絵描き上手い!!

さ、みな夫々に、 また今日からFight〜 (*゚▽゚)ノ

へび・・・嫌い><
私も中学生から酒覚えた;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

のらデジさん どうも~
肌色でね 親指のような 子ネズミが うごめいてるのよね
 鳥肌もんですよ~ 可愛いっちゃ~ 可愛いんだけど 

けめさん どうも~
中学3年頃には カウンターにある 親父のウィスキーで
 晩酌しながら テスト勉強したもんです ははは;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

音姫さん どうも~
う~ん 覚え方の経緯が オイラとは違うような気がするな~ 

中1から飲んでたんけ、道理で酒豪なはずじゃわ(#^.^#)
しっかし、北海道にもマムシっているんやね??
わたしゃ、さすがに、マムシはこわいデスら(^_^;)

ちゃちゃさん どうも~
短大に入学して 最初に胃痙攣で 死ぬ目に会ったけどね
 水稲の管理 大丈夫?
みんなが 助けてくれるんでしょうけど
 雑草の管理とか 大変なんだよね
ヘリコプターか すごい規模なんだろうね w(゚o゚)w

稲の自然乾燥のスタイル 地域によって違うんですね~。
こっちのほうでは 鉄棒みたいな形に杭を組んで
そこに人型に結わえた稲が ずらーーっと下がってます。
そういえば、稲刈りが済んだ後の田んぼに
藁で家みたいな形を作ってるのを見かけるけど、
あれは 何だろう?北海道もするのかな?
あれ雰囲気あって可愛いんですよね~(。・w・。 )

あの杭に稲を重ねるのは意外と難しいのよね(*^m^*) ムフッ
泥がついてるとホント最悪!!
今は田植えも稲刈りも殆ど汚れないで済んでるけど
昔は泥だらけ、かゆいとこができて一旦田んぼに入ったらもうかけない~~
田植えなんて足が抜けなくて長靴から足がすっぽり抜けて
(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ笑
稲わらはまるく重ねて家みたいな形にして置くんだよ
小さい時は隣近所順番に手伝って歩いたけどね
今じゃ考えられない光景ですよね

みーしゃさん どうも~
 そうそう 鉄棒の柵のようにも 干します
でも それじゃあ かなりの規模が必要で
 効率的なのが この ボンズグイ
丸みを帯びた △のように 家のようになってるのが そうだと思いますよ (*゚▽゚)ノ

mokoさん どうも~
今回のシリーズは mokoさんのヒントから 思い出して書いたんですよね
 大人は お祭り騒ぎ
子供は エライ迷惑
 夜の宴会では 必ず 酒を注いで歩くことを 強要されましたしね
辛いな~ 嫌だな~って 思ってましたけど 今では 良い思い出ですね ( ^ω^ )

最後のくだり・・・
子ねずみが・・・(@0@;)
そのあと恐ろしくて聞けない・・・

kikiさん どうも~
ははは 知らぬが仏 聞かぬが花 言わぬが花じゃな 
 kikiさんが 想像してるような 結末じゃないことは 確かですよ
だって ここでは 登場させていないもの ψ(`∇´)ψ

こんばんは^^カブさん^^
私も蛇を掴むのは平気なんだけど。
ちなみに弟はダメだった。
ばあちゃんが「青大将だけは触るな」って言ってたわね。
おじさんの話、どこの家にもそういうおじさんがいるのよね。
しかし中学生に言うとは・・・^^;
うちの伯父も大酒呑みで普段は無口なんだけど
酒が入ると大暴れ^^普段、鬱憤が溜まってるんだろうね^^;
でも、その伯父が一番歌が上手くて、NHKののど自慢で鐘鳴らしたことが^^
紙芝居のじいちゃんが阿波踊りの太鼓叩いてたからね。
私の高校時代は勉強と小説書きと読書三昧だったわね。

風みどりさん どうも~
この 叔父が 曲者でね
 勿論 自分の息子が一番だろうけど  
オイラを 自分の息子よりも 立ててくれたんです

○○家の 跡取り息子ってことでね
 世話になったわ いろんな意味で

叔父の息子 従兄弟ですけどね
 兄弟のように育って 近所だったし いつも 行き来してね
こいつも 児童会会長やったって 恥ずかしいね
 ところが 
この 従兄弟 全国に名を馳せちゃった
 教員になって ある高校を 有名校に仕上げちゃったんですよ も~ ビックリ

おねぃさんの家系は エンターティナー?
 才能豊かですね
八方美人って言葉が 常に 後ろをついてくるね ははは
 負けないでね  

天才のオイラのように 強くなってね   (仕返し)

そうそう オイラの 高校生時代は
 柔道・百姓三昧                 時折 酒・タバコ・おんな 

ようするに ろくでなし  お~ほっほっほっψ(`∇´)ψ
  

そんなすごくないっすよ~~~
うちのへん、共同作業なの~~~(#^.^#)
で、うちは、両親おらんけん、今年は
減反で全部ダイズにしてもらったと~~~
おかげで、種まき田植えがせんでよか~~助かった~~

この記事へのコメントは終了しました。

« 研究発表 「てんかん発作」 ⑤ 抗癲癇薬 副作用①編 | トップページ | 日記 平成25年5月6日(月) 風邪か? »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ