« 日記 平成25年10月22日(火) 余震 | トップページ | お城の住人 第6巻 »

2013年10月24日 (木)

莫迦 鹿をさして 馬となす ある方の その7

Photo

アタイ  カブ姫

 大~きな お庭のある

大~きな お城に住んでるのよ

御付の者は マツコって言うの

アタイの 身の回りのことを

何でも やってくれるのよ

アタイの 花嫁修業の お城では

 

たっくさんの 芸術家の卵が 家来たちの サポートを受けて

 生活してるんだけど・・・

ちょっと 問題のある 家来がいるの・・・

 それが ひとり ふたりじゃないから イヤんなるわ

ほらっ! 前回 厄日だったことがあるでしょ

 当日 勤務してた 家来たちを呼んで 心当たりは無いか 聞いてみたのよ

お母さまが 大変 気に病んでたわよ~ってね

 大体の 見当はついてたんだけど

  一応 一通り 全員ね

    さ~ いよいよ アンタで 最後よ!!

問題の 時間帯 アンタ ビデオに 写ってたわよ~

  さ~ どおなの? 心当たりは無いの!?

なぬ”~ 記憶に無いとお~~~~ Σ( ̄ロ ̄lll)

     芋事件

     場面的寡黙評価表事件
\
     発作事件
\
     勤務誤認遅刻事件
\
     アルコール検知器連続反応事件
\
     寄付金末必の故意事件
\
     クラッチ板損傷事件
\
     国家資格不正受講依頼事件
\
     支援内容不適切事案 数限りなし

ちょいと 思い出しただけで 

 アンタは 過去に これほどの 事案を 起こしてるのよ

   つい先日なんて お城の車 凹まして来たわね  ばっかじゃないの?

わかったわ

 あなたが そこまで 言うんなら・・・

ふふふっ  首実検するわ!  面通しよ!

 最後の チャンスだったのに

  もお~ 言い逃れできないわよ  覚えてらっしゃい!

しかし・・・ ほんとに 記憶に無いとしたら・・・

 無意識で いっつも 乱暴な 口調ってことになるのよね

  しかも 悪気が無いという

   それはそれで 問題だわ・・・

アタイの前では 取り繕って

? 取り繕うことが 出来るってことは

    ある程度 自覚してんじゃないの?

 やっぱし アンタは 芸術家を バカにしてんのね

アタイは 常日頃 思ってることがあるの

 それはね

芸術家との 関係

 お世話してると ついつい 上から目線に なるじゃない?

お世話してるって 言い方自体 問題があるんだけど

 この 物語の 都合上 勘弁してね

  ここでは ちょいと 横に置いとくわね

でもね

 シトってのはね  あくまでも ふぃふてぃ・ふぃふてぃなの

でも 彼らは バランスが悪いというか 出来ないことが 多いのも 事実よね

 だから 上から目線じゃなくて

  鴨居の上から 彼らを 見守るってことが 大切なの

さて 首実検の結果

 やっぱし アンタだったわ・・・

  たてかわさんの お母さま アンタの 写真を 指差したそうよ

ほんとは アタイだって イヤよ

 シトを 注意するなんて

   しかも アタイより ずっと 先輩よ!

    でも お城の 信用問題に 関わるじゃない?

この バカタレ 記憶に無いって 言い切ったわよね~

 ウソ ついたんなら クズ野郎だし  

  ほんとに 記憶に無いんだったら それも クズね

こいつには もう 言っても 無駄ね

 なにを どのように 注意したって 無駄だわ 

・・・・・ ほか その他 お持ちのかた いらっしゃいませんか?

はい 無いようですね

え~ それでは・・・ 先日 たてかわさんの お母さまに 

 非常に 不愉快な思いを抱かせてしまった 事案があったこと 

 

覚えてらっしゃるかと 思いますが

その件で 当日 いたであろう 家来 全員に 当時の様子を 伺いました

 お母さまが いたたまれなくて 思わず 近くにいた 家来に 

胸のうちの苦しみを 訴えた

 ○○!(呼び捨て) ウロチョロしないで 黙って 椅子に 座ってろ! 

 家来さん達だって 忙しいのに 

  そんなこと お構いなしで 散らかしたりするんでしょうし

   いえね! 解るんです この子は な~んにも出来ないし 

    迷惑ばかり 掛けるかと 思いますけど

 解るんですけど 急に 大きな声が 聞こえて もう びっくりしちゃって

  動揺しちゃったんです ですから いいんです カブ姫さま

   そんな 大袈裟に考えなくても 大丈夫ですから・・・

 そのような 記憶は無いのか? 見に覚えは無いのか?

  ところが 不思議なことに 誰も 出てこない・・・

 

そこで お母さまに 写真を 見ていただきました

 ヤラシイと 思いますか? 

  家来の名前が 判明しました・・・

   この方も 記憶に無いって言うんですから

    自覚が 無いってことですよね

     そうであれば 注意のしようが ありませんよね

 やってもいないのに 注意されたって  本人は ??? ですよね

普段の 言動を 例にとって ここで 公開処刑することも 考えたんですけどね

・・・ 言っても 無駄だと 判断するに 至りました

 ほんとは それでは ダメなんですけどね

自分の 無意識の 言動で 

 芸術家 それと その親御さんに 不愉快な思いを させてしまう

これはね 行き着くところ 資質の問題に なりますよ

 アナタは ここのお城での 仕事は 

向いていないってことの 証明だと思いませんか

 

アタイ 研修会で 言ったことあるでしょっ!

 芸術家達を ひとことで 言うとしたら

  ひとことって 失礼なことなんだけど 失礼を承知で 言わせていただくけど

ふたつの そうぞうりょく 想像力・創造力

 イマジネーションと クリエーションね これらが 我々より 少し 劣っている

自閉症の方は これが ゼロ!

 だから お世話する 我々は これらの そうぞうりょくを フルに発揮して

  ことに 当たらなきゃいけないの!

常に コミュニケーション能力が 試されるのよ

それなのに 

 今回の 出来事は その そうぞうりょくが 微塵も 感じられないの

  このかたは 家来なの? 芸術家なの?  

アタイは 幻滅したわ  とうの昔に 見限ってるけどね

 次は 無いでしょうね

  記憶にあろうと 無かろうと 賞罰委員会に かけさせていただきます

お母さまが 穏便にという・・・

 甘えちゃいけない  本人に 悪気が無いというのが 手に負えない 

  アタイの 頭の中では まだ グルグルしてますけど

リスクマネジメント・レポートは 全員で 再確認したってことで 閉じますね

   ・・・ 今回の件 全員 もいちど 考え直して

    自分の言動は どうなのか 自問自答して・・・

あっ それから

 自分では 良かれと思って やる事にも 実は

小さな親切 大きなお世話!ってこと 気付かない 家来も いらっしゃるわよ

 誰とは 言わないけど

  自分自身を もいちど 見つめ直してね       あ”~ 腹立つぜ!

« 日記 平成25年10月22日(火) 余震 | トップページ | お城の住人 第6巻 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

カブ姫」カテゴリの記事

コメント

グサッ(||li`ω゚∞)
小さな親切 大きなお世話・・・
大阪のおばちゃんって 大半がそうなのよね(;´д`)トホホ…

音姫さん どうも~

 必要以上の支援を行なってしまって
利用者さんの 権利だとか決定権を侵害してしまう場合があるんですよ
 子ども扱いとかね
どのように扱われても 言いたいことを言えないか 制限されている方々なんで
 十二分に 気をつけなくてはいけないんですよね

う~ん
職員の資質の問題かなあ・・・
お世話(介護?)している人って試験受けてるんでしょ?
あらゆる症状の方達の日常行動とか心の状態とか・・・

父が入院していたある施設でたまたま見てショック受けたことがあるわ。
玄関の受付横のトイレに入った時に、入所者が大○を粗相していてね、
素敵な花柄のワンピースを着た60代くらいの綺麗な女性だったけど、
世話する係りの人がものすごく怒鳴ってたわ!
「オムツを又はずして!・・・どうのこうの!・・・・」と。
そして赤の他人の私がいるにも係わらずその女性を丸裸にしたのよ!
もうびっくりしてトイレから飛び出ちゃった
なんとも言えずに父の部屋に行ったんだけど、
父たちは人間扱いされて無いんだなあと可哀想になったよ。
その施設は大きな病院の付属のピカピカに磨かれた所だったけど
介助者はギスギスした感じでね、介護の仕事は問題が一杯あるって思った

きっともう、そういう言動が当たり前のように、無意識で発せられちゃってたんだろうね。
罪悪感がないとか、自分が上から目線になってることに気付いてないというか…。
日々のことになるとついそういう感覚が鈍ってくるから
たまに自分の対応を振り返って、忘れてることを思い出すのが必要なんだね。
私も子供についガミガミ怒ってしまうから、気をつけなくちゃ
厄日をクリックしたら、「ベーシックなんたらアカウントをご確認ください。」とか出て
ログイン出来なかった。
なんだろ?
厄日の記事覚えてたからいいけど。

愛ちゃん どうも~
詳しく書けないとこが 辛いとこだけど
 この方 何十年も前に コネ入社 運転手から 支援に上がったんだけど
当時 全員 反対したらしいんです でもね~ ときの権力者の一存ってやつでしょうね
 何度も 始末書を書かされてるそうで・・・ それでも クビにしないんだからな~
 
10年ほど前の 出来事でしょうか?
 不適切な支援っていうのは 未だにありますよ
他人の前ですら そうなのであれば 日常的な虐待があったんでしょうね 
 嘆かわしいことだ

最近も 暴力事件が発生しました  そこの施設の代表者は
 先頭に立って 人権問題に取り組んでる方なんですよ 
施設長は 中央にも顔を出して 精力的に仕事してる人だし
 その お膝元での事件

虚勢だけ張って 気の小さい輩は 気を付けなければ
 利用者に バカにされたと感じると 腹を立てるんです そして 口が出る 手が出る
朝夕の打ち合わせで ことあるごとに 注意喚起してるんですよ ヤレヤレ (@Д@;

つぶあんさん どうも~
 リンク 直しておきました 
感情的になったら 負けですよね
 でも 時には 感情的にならないと 人間らしくないし

オイラは 仕事ですからね 割り切らなきゃならないんですよね (゚m゚*)

この記事へのコメントは終了しました。

« 日記 平成25年10月22日(火) 余震 | トップページ | お城の住人 第6巻 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ