« oresama は aisareteruno でしょうか? | トップページ | チャーシュー »

2015年1月31日 (土)

天職?

後悔のない転職


  数年前に、ある雑誌で、「会社人間の死と再生」というテーマで毎月
ビジネスマン&ウーマンを集めて座談会をやったことがあった。

 当初は、建設業など斜陽産業の現場で働く人の声を聞く、という感じだっ
たが、そのうち参加者はいろいろな職種に及んだ。

建設業、都市銀行、旅行代理店、商社、外資系金融機関、起業者、特殊法人、
フリーターなど、多くの人と会ったが、もっとも明るかったのが、起業した人たちで、
その次が転職の経験者だった。

明るいというか、さぱさぱした自由な雰囲気があって、会社は人に賃金や
プライトや帰属意識を与える代わりに、人格を縛る場合もあることを知った。
 一時、転職はブームのようになったことがあった。終身雇用が主流の時代
には、転職は最初からネガティブなものとして考えられていた。

 勤めていた会社が倒産したとか、能力が低いとか、協調性がないとか、
転職者のイメージはだいたいそんなものだった。
 バブルが終わって日本経済が長い低迷期に入ったあと、急に転職が声高に
語られるようになるわけだが、それは前の時代の反動が大きく作用している。

 当たり前だが、転職は、いいことでも悪いことでもない。わたしは転職
すべきでしょうか、と問う人が百人いたら、答は百通りある。その人の能力や
適性、それに職場の環境や労働条件などによって答はまったく違うものになる。
 最近、就職してすぐに会社を辞める新入社員が増えていて、それに合わ
せるように、転職も増えているらしい。

 だが、転職が合理的なのは、基本的には、高度専門職、つまりスペシャリスト
と、著しい実績を持つ人だけだ。
たとえば金融でも、デリバティブの設計者と、銀行の窓口業務では、他社からの
需要の度合いがまったく違う。
 会社の業績が異様に悪化して倒産必至とか、職場の人間関係に悩んで神経を病ん
だとか、そんな場合は別だが、その人にしかできない仕事・業務、またはこれまで
の確固たる実績、その二つのいずれも持たない人にとっては、転職のリスクは大きい。

 後悔のない転職をするために、ビジネスマン&ウーマンがまず考えなければいけ
ないのは、自分の能力がどの程度のものか、今の会社でどのくらいの評価を得てい
るのか、ということだろう。
 つまり、逆説的だが、頼むから辞めないでくれと上司や同僚に慰留される人ほど、
転職は合理的だということになる。
                 
            出典:村上龍著 「無趣味のすすめ」 幻冬社

自分は?

 請われてるか?

  会社に 上司に 部下に? 

   そして 施設利用者に?

そこそこ 自信はあるのだが

 ここに限ってだから

  井の中の蛙なのではあるが・・・


措置制度から 契約制度に 変わった時期

 大きな 時代の流れのうねりを おれ様が 乗り切った

施設の立て替え それに伴う 引越しの段取り
    
さなか
 その最中 地域の団体の事務局長を 仰せつかり

  寝る間も惜しんで と言うより  寝る間も 休む間もなく  働き詰め

そして 

 今がある

マニュアル 資料の原本 すべて おれ様が 見直し または 新たに作成し

 今がある


と・ある 施設長が 言った

 おれ様を 飼い慣らすことは出来ないと・・・   

                       そりゃ・そうだ 誰だろうが 遠慮なく ズケズケ言うしな

と・ある 施設長が 言った

 アンタは 頭が良すぎる 普通 ついていけないわ・・・  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それは たまたま 得意分野だったんですよ


と・ある 施設の課長が 言った

 カブさんの ブログだって知らないで 見てたんですよ~ ファンだったんですよ~

                       
閉鎖前の ブログのことである

と・ある 施設の職員が 言った

 あの時 ウチラの課長たち 議論 始めちゃったでしょ? 会議 そっちのけで

  その時 カブさんが 一言! それらの内容を議論するのであれば 

  お宅らの 課長会議でやってください って ガツン って

  あれで 俺 一生 カブさんには 適わないって 思ったんすよ

                       
だって 主題から 外れてるんだもん

と・ある 施設の職員が 飲み会の時に 言った

 カブさん なんなんですか? あいつ

  カブさんのこと 好き勝手 言ってますよ  

                    大したことね~だとか あ~だとか そ~だとか

あ~ 言わしとけ♪ 言わしとけ♪



っつ~ことで

 退職しても 行く場所 なし!ψ(`∇´)ψ

  潰しは きかないし

   百姓 やるしかね~わ   人( ̄ω ̄;)
 





 

« oresama は aisareteruno でしょうか? | トップページ | チャーシュー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

言の葉」カテゴリの記事

コメント

いや、カブさんは絶対すごい人だよ。
私が保証する!(へへへ~~私の保証なんて意味ないけどさ)
一つの仕事に精通するって大変な事だよね。
私も昔実はOLだったころは質屋の経営する金融部門。
いわゆるサラ金から始まり、色んな事した。
最後は質屋の窓口もさせられたけど、天職だと思ったよ。
経営が下向きになった時に経営コンサルタントなる人が入ってからおかしくなり、辞めちゃった。
その会社、その経営コンサルタントに会社乗っ取られる寸前で気づいて
辞めてもらったらしいけどね。
きっとその人が来てなかったら、まだ会社にしがみついていたかも?
お蔭でその後は新天地?の居酒屋で働いたりしたけどね。
カブさんは定年まで今の仕事して、余生は百姓だよ。
安全な野菜を作って提供してください。( ´艸`)プププ

料理の腕もあがってるし・・・
はぽんで「おとちめ食堂」でもする?? ( ´艸`)プププ

相変わらずカブさんってすごいな~と読んで、
最後に来て妙に納得しました。
今日の記事ではありませんが、「・・・aisareteruno でしょうか?」は
それ以前にカブ様が奥様をaisuru”ことでしょうね~言われなくとも百も承知と
お叱り受けるかな(≧m≦)

もちろん、業種それぞれ
専門知識が必要だけど…
マネジメントレベルになったら、あんまり関係ないと思うのよ
人間力、これぞ最大の武器!?

そういう意味でカブちゃん、どこ行っても大丈夫だべ
あーーー今日は褒めすぎちゃったなあ(*≧m≦*)

のらデジさん どうも~

 百姓で食っていけるんなら 当の昔に辞めてたかも・・・

 今年の目標は 安全な菊芋作り! (◎´∀`)ノ


おとちめ! それって 暖簾分けか?

 シナチク食堂って ダメけ? ( ̄▽ ̄)


マコさん どうも~

過大評価はいけません

騙されてはいけません

オイラの素性を 疑ってください

妻に言わせりゃ ただの 飲兵衛だそうです ( ̄◆ ̄;)


ちめの!

オメ~の そういう 素直なとこが めんこいのよ~ ψ(`∇´)ψ

山の上に、〇コモと〇フトバンクの鉄塔も
建てるよろし~~~
うちも、だんなが定年したら、ぼちぼち
百姓、やっていくかにゃ~~~

ちゃちゃさん どうも~

お天道さんと 風と土 雨と草

 自然と戯れるのが 一番なんですよ ( ̄▽ ̄)

転職…
じゃなくて、天職だと思ふ~
記事からさ、“愛”が伝わってくるもの。
茶化してるときも、愚痴ってる時も。
姫乃さんと同意見で、どこ行ってもやれるとは思うけど
施設の難しい仕事を、そんな風に出来る人は少ないと思うわ。
ま、でも、転職するなら「おとちめ食堂」が向いてるぞ~ヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

おつかれさまです。

仕事があり 汗をながして 人の役にたち 税金をおさめて 
最愛のマツコさん❤が幸せである~ いいんじゃないの^^

つぶあんさん どうも~

 オイラ 熱しやすく 冷めやすい性格だけど
  職人に憧れてるんですよ 負けず嫌いだし 厄介なのよね~ (≧∇≦)


四季の野草さん どうも~

 まさにその通り 当たり前の生活を 如何に持続させるか? 

  それだけですね そして 変化した時に どう対応するか? その積み重ね

この記事へのコメントは終了しました。

« oresama は aisareteruno でしょうか? | トップページ | チャーシュー »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ