« 食の配慮 | トップページ | 歯科検診 »

2015年4月15日 (水)

仏教7  明王

明王 

  みょう
 明という 霊的な知力を持つ仏神(仏教に帰依した神)である
                 しゅじょうきょうけ
 密教の本尊・大日如来が衆生教化のために 

 姿を変え顕現したもので怒りの表情を見せる

 大日如来の教えに 耳を傾けない衆生を 厳しく導くためである

Photo_11

    あいぜん
図は 愛染明王

 

人間の持っている愛欲をそのまま菩提心に変えます。大日如来の変化身、あるいは

こんごうさった
金剛薩埵  菩薩の化身とされます


不動明王

古代インドでは、シヴァ神を意味するものでしたが、仏教に取り込まれてからは、密教に

おいて、

大日如来の化身として、明王のなかでは最高の位を与えられ、また五大明王の中心でも

あります

日本へは空海によって密教とともに伝わり、信仰を集めました

眷属

 矜羯羅(こんがら)、制多迦(制咤迦、せいたか)の二童子を従えます。

 この二童子を脇侍として配置されることが多い。さらに六童子を加えて八大童子

 を従える場合もあります。

       経典によっては、倶利迦羅龍王をはじめとする四十八使者を従えると説くものや、

 三十六童子を従えるとするものもあります。

Photo
五大明王

ごうざんぜ
降三世明王

阿閃如来の命を受ける、不動明王に次いで格の高い明王です。過去・現在・未来の三世と、

貪(とん=欲望)・瞋(じん=怒り)・痴(ち=無知)の三毒(煩悩)を降伏させるので、降三世

と名がついています。             金剛薩埵菩薩の化身ともいわれています。

ぐんだり
軍茶利明王

宝生如来の命を受け、様々な障害を取り除いてくれます。「甘露をいれる壺」という意と、

「髑 髏(どくろ)を巻くもの」の意の2つがあるとされ、それゆえに「甘露軍荼利」の別名も

あります。五大明王の1つとしてつくられるほかに、平安時代には単独 で信仰されること

もあり、遺例に滋賀・金勝寺像、埼玉・常楽院像などがあります

だいいとく
大威徳明王

阿弥陀如来の命を受け、悪の一切を降伏させます。「死の神ヤマを倒すもの」の意で、また

6本の足を有することから六足尊の別名もあります

こんごうやしゃ
金剛夜叉明王

不空成就如来の命を受け、様々な悪を打ち砕くとされています。「金剛杵の威力をもつ夜叉」

という意からこの名がついています。もっぱら五大明王の一尊として作られ、単独の像は作ら

れませんでした

うすさま
烏枢沙魔明王

世の一切の穢れと悪とを焼き尽くすとされています。「不浄金剛」などとも呼ばれ、禅宗では

東司(便所)に多く祀られます

八大明王

不動、降三世、大笑(大咲=軍荼利)、大威徳、大輪(たいりん)、馬頭、

無能勝(むのうしょう)、

歩擲(ぶちゃく)の各明王の総称。日本では定着せず、醍醐寺の「八大明王図像」として

遺されているのみです。

不動、降三世、軍荼利、大威徳、金剛夜叉、鳥枢沙摩、無能勝、馬頭のことを指す場合も

あります

たいげんすい
太元帥明王

 大元帥とも書く

太元明王とも呼ばれ、もとは林に住み子供を食い殺す悪鬼でしたが、仏教に教化され、国土

を守護する明王になったとされます

くじゃく
孔雀明王

孔雀を神格化したもので、古来、インドでは孔雀は毒蛇を食し、恵みの雨をよぶ吉鳥とされて

おり、息災と雨乞いのご利益があるとされています。また、一切の恐怖・災悩をなくし、安楽を

得させるとされます

次回は 天 についてです

« 食の配慮 | トップページ | 歯科検診 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

コメント

明王さまのお顔が怖く見えるのは 心にやましい事があるから、、、
怖いお顔も 心にやましさがなかったら 優しく見えるらしい、、、
私には怖く見える ( ̄▽ ̄)

仏シリーズ結構好きかも…♬
明王ってこんなに種類あったのけ?
知らんかったわ(・ω・)ノ

カブさん超お久しぶりですが・・・・・
何で仏像?!
しかもシリーズ化なんですか?!(笑)
暫く遊びに来ていない間に・・・・・

不動明王って、小城の清水の滝にたってたにゃ~~~

四国のお遍路したいとかいいながら、お寺とお寺のあいだを
歩くのだと思ってた…
まさか、お経あげならが、歩くとはね~~~(^_^;)

うすさま…、って、そう書くんだね~。(。・w・。 )
夫の実家のトイレに、お義母さんの手書きで
「うすさま明王」って紙が貼ってある。
そうか…、明王って霊的な知力が…
孔雀王はマンガで読んだ。( ´艸`)プププ

昔私がそれはそれは若いころにススキノのサウナに入った時。
もちろん女湯だけどね。
そこにはそれはそれは見事な不動明王を背負った女性がおったよ。
ぴちぴち肌の時は綺麗だけど、老いたらどうするんだ??

音姫さん 姫乃さん シオヨンさん ちゃちゃさん つぶあんさん のらデジさん

皆さん どうも~

 よくぞ・まあ コメント入れづらいブログに 入れたもんだ (≧m≦)

  尊敬するわ (゚▽゚*)

この記事へのコメントは終了しました。

« 食の配慮 | トップページ | 歯科検診 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ