« 学年の区切りは 何故4月2日なんじゃ? | トップページ | 夜勤明け »

2015年5月22日 (金)

仏教12 東南アジアの国々

独自の仏教文化を形成した 東南アジアの国々

東南アジアは 上座部仏教の国と 大乗仏教の国に 分かれている

 さまざまな宗派が もみ合う中 各国が選択した結果である

5世紀ごろ インドシナ半島の国々及び インドネシアに 大乗仏教が伝えられ

アンコールワットや ボロブドゥールなどの遺跡が残っているが

 イスラム教の東南アジア侵入とともに 大乗仏教自体は滅ぶ

代わって スリランカに伝わっていた小乗仏教が興隆するようになり

 ビルマ・タイ・スリランカ・カンボジアの諸国では 上座部系の仏教を 国教と定める

ベトナム・インドネシアにも 上座部仏教が伝来したが 政治、経済的に関わりの深い
 
 中国に同調し 大乗仏教が主流となるも

  現在は インドネシア・マレーシアは イスラム教が主流となっている


スリランカ

 仏教の伝来は アショーカ王の時代 マヒンダ長老の伝道によって

  デーヴァナンビヤ・ティッサ王が 帰依したのが 始まりと伝承されているが

   紀元前一世紀には 三蔵がセイロン文字(シンハラ文字)で 書写されたらしい

    5世紀には ブッダゴーサが パーリ三蔵を 整備注釈し セイロン上座部の
 
     教義を大成した
  
 現在も 典型的な仏教国であり 僧の社会的地位は高く 政治への発言力も強い


ビルマ

 11世紀頃 スリランカから 上座部仏教が伝来

  それまでの 大乗仏教は追放される 国内に多くのバゴダ(仏塔)が建立され

   信仰の対象となった


タイ

 クメール族支配下では 大乗仏教が優勢であった

  ビルマと同じように 11世紀に上座部仏教が興隆

   13世紀末 タイ族のスコータイ王朝下では 上座部仏教が主流となる

    20世紀には サンガ法が制定され 教団は国の管理下となる

 タイの仏教は 王室の帰依のもとに発展したが 国民の90%以上が仏教徒である


チベット

 チベット仏教を ラマ教と呼ぶのは 

  仏教の正統を伝える尊師を チベット語で「ラマ」と呼ぶことに由来する

   7世紀に伝わった 密教は 在来信仰の ボン教と習合することにより

    勢力を広めた

     輪廻思想が非常に強く ダライと パンチェンとが ラマ尊号をうけて

      宗教的君主となって以来 彼らは 代々転生することによって

       法脈を持続しているという
 
 チベット仏教は モンゴルにも伝播している

ミャンマー

 上座部仏教に他宗派が 混じり合う形で流布していたため

  11世紀 本来の上座部仏教に戻そうという 宗教改革が起こった

   

その後は 上座部仏教が主流である

ベトナム

 939年 大乗仏教が国教に定められた

  その後 インドの初期大乗仏教の流れをひく 浄土教と 中国経由で伝わった

   禅宗が混じり合って存在する

« 学年の区切りは 何故4月2日なんじゃ? | トップページ | 夜勤明け »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

コメント

呑んベェ教でも 作るべか、、、(。・w・。 )

音姫さん どうも~

宗教を類型化する場合 しばしば 「神を立てる宗教」と「神を立てない宗教」という
二分法が行われます 

吞んベェ教は 教祖自身が悟りを開いてるって 自称してるから
 まねき猫神でも ピロリ神でも 酒神でもないな 仏陀に類似した宗教

果たして 音姫教祖に 信者はついていけるか? ψ(`∇´)ψ
 

そういえば~
姫乃さんとダライ・ラマに会いに行ったわ~(◎´∀`)ノ
難しすぎてよく分からなかったけど。

つぶあんさん どうも~

 チベット宗教についても 後日 少し触れますね

しかし 普通 スルーしない? こういう記事って?(≧∇≦)

むか~~し習ったような気がするが…大乗仏教に小乗仏教…
それがなんなのかは…記憶にないかも~~(^_^;)

ちゃちゃさん どうも~

 それを 勉強するのが 今回のシリーズなのよね~( ̄▽ ̄)

この記事へのコメントは終了しました。

« 学年の区切りは 何故4月2日なんじゃ? | トップページ | 夜勤明け »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ