« 新車の乗り心地? | トップページ | ARIELさんのお部屋に お邪魔いたしております »

2015年6月28日 (日)

リスクマネジメント ⑦

まず マニュアルを ご覧になってください

 彼女は ローレンス・ムーン・ビードル症候群ですので

  先天的に 糖尿病のリスクが高いんですよね

発現因子を 見てください 左側です

Su
症状が 書き込まれているでしょう?

 

彼女 お酒は 飲みませんからね

  胃腸炎とかで 下痢や嘔吐が続いた場合には 

   気を付けなければならないということです

そして 日常から 観察しなければならないことも 記入されてます

 特に 食事時間の開いた 朝 起床後の様子を しっかり 観察してくださいね

その症状も 具体的に 書かれてます

Su2
中枢神経症状として 現れますので

 そのような時には 応急処置に 移ってください

Su3 図入りですので

 説明は 要りませんよね?


では

 次に 狭心症から心筋梗塞症の 心配のある利用者さんですね

かなり ご高齢な方ですけど

 不調を訴えることができますので 何とかなりそうですけど

  ところで 彼女 舌下錠って 経験ありますかね?

飲み込んじゃうんじゃないかな~

 最悪 AED 救急車ってことも あるかもね

Gi
左の肩こり っての 面白いと思いませんか?

 覚えてて 損はないでしょう

Gi2

さて

 厄介なのは 糖尿病と 低ナトリウム血症を 併発している

Hさんですね

 糖尿病については 先ほど 説明しましたので 省きます

  なぜ 厄介かと申しますと

どちらが主因で 意識が無くなったか ってことなんですよね

 これは 血液検査じゃなきゃ 判らないかもね

とりあえず

 ご覧になってください

Hi
水中毒は

 入院しなきゃ 改善は難しいでしょうね

   幸い 今は 落ち着いてますけど

以前 普通に笑顔を見せていたのに

 突然 意識を失って 倒れた時には ビックリしましたよね

  そう・ ワタクシの目の前だったんですよ
 
   あの時 何人か いましたよね 

あの時は 何が何だか まったく 判らなかったからね

Hi2
ま~ 大変なのは 夜間に急変したときでしょうね

 とにかく 落ち着いて

  マニュアルと にらめっこして 行動してください

次は~

 Tさんの 発作の重延状態ですね

  彼は 不調の訴えが出来ますからね

   マニュアルは用意してあるけど ま~ 特に心配はないですね

ダイアップだけは 忘れないでくださいね

 これは ドクターの指示ですからね

さて

 今回は 利用者さん 個々のリスクにも踏み込めたし

  改めて 皆さん 目を通したことで 再確認できたんじゃないでしょうか?

今後 ますます 利用者さんも 齢を重ねて

 どのような 病気が 降りかかってくるか あんまり 考えたくないですけど

  何があっても

   持てる力を 出しきって対応しなければ

    結果 悔いが残りますからね

これからも 共に 努力して参りましょう

 それでは これにて

  リスクマネジメントについての 研修を終えたいと思います

  
    お疲れさまでした                         終)

« 新車の乗り心地? | トップページ | ARIELさんのお部屋に お邪魔いたしております »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

研究発表」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ