« 日記 平成27年7月5日(日) これも 仕事の一環 | トップページ | 日記 平成27年7月7日(火) 七夕か~ 必ず 雨なんだよね »

2015年7月 7日 (火)

紫陽花

バラ目アジサイ科(ユキノシタ科)アジサイ属の落葉低木 初夏 淡青紫色・淡紫紅色に

変わる小花が球状に群がって咲く 

紫陽花(ショウカ) 七変化(シチヘンゲ) 四葩(ヨヒラ)とも



語源については 諸説ありますが 有力なのをご紹介


アジサイは古くは あずさヰ(あぢさヰ)であった

「あず(あぢ)」は集まる様を意味し 特に小さいものが集まることを表す語

「さヰ」は真に藍色 藍(さあい)の約 もしくは接頭語の「さ」と「藍」の約で 

青い小花が集まって咲くことから 集真藍 「あずるさあい」から

この名がつけられるとされる


万葉集にも
 「味狭藍」「安治佐偽」として詠まれています

「言問はぬ木すら味狭藍諸弟らが練りの村戸に詐かヘけり」(大伴家持)

・・・人の心と紫陽花の色は移ろいやすいものですね。

花言葉もやはり 「移り気」だそうです



漢字表記は 集真藍ではなく 味狭藍 安治佐為 阿豆佐為 安知佐井と 

平安時代には色々あったらしい

「紫陽花」の表記は 平安時代に勘違いでつけられたのが 広まったとのこと

中国 唐の時代の歌人 白楽天(白居易)が840年頃 紫陽花という 詩を書いている

その花は 陽の光を浴び 紫色に輝くとして命名した 

が 紫陽花は日本原産で

当時の中国(唐)には 無かったとされている そこで ライラックを詠ったのではと

されている

なぜ勘違いされたかと言うと 

この詩に感銘を受けた 源順(みなもとのしたごう)911-983が

中国では こう書くと 広めてしまったらしい

アジサイは 途中で色を変えることで有名だが 江戸時代までは微妙な変化で

そんなに派手ではなかったらしい

そこに シーボルトがこの花を気に入りヨーロッパに苗を持ち帰った

当時のヨーロッパは園芸ブームで 品種改良が盛んだった

明治時代に逆輸入された 派手に色が変わる アジサイがブームとなった

大正時代には 女学生の間で アジサイという言葉が流行語となった

意味は 気の変わりやすい浮気男のことを 隠語で使ったとのこと


花は土の性質によって 変わります

酸性だと青 アルカリ性だと 赤になると 言われています


鉄分やアルミニウムが多いと青となるようで

ナスの糠漬にミョウバンや古釘を入れて発色を良くするのと同じ原理なんだそう


また 葉には毒が含まれており 食べると めまいや嘔吐 痙攣 麻痺を引き起こします

青酸配糖体が含まれており 食べることで胃酸と反応するようです

ただし 青酸配糖体だけが 原因とは言い切れず 未知の成分が含まれているかも

また逆に 他の成分 ハロフジノンがマラリア治療薬として認可

自己免疫疾患など他の治療薬としても効く可能性が示唆されており

研究が進展中です

とりあえず 

 葉は 食べるな! と言うことで・・・カタツムリも 食べません!

                       
一部 毒素を分解できる カタツムリもいるようですが

因みに アジサイの数え方ですが

  
 1朶 2朶と 数えるのだそうです

« 日記 平成27年7月5日(日) これも 仕事の一環 | トップページ | 日記 平成27年7月7日(火) 七夕か~ 必ず 雨なんだよね »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

雑学」カテゴリの記事

コメント

あじさいは浮気男 (。・w・。 )
葉っぱは毒 ( ̄ー ̄)ニヤリ
カブちゃん 気を付けないと 
マツコさんに葉っぱ刻んで食べさせられるで~~ψ(`∇´)ψ

(o^-^o)ムフフ
紫陽花大好きだな~!
やっぱこの字になって良かったんじゃないの?
小椋佳の曲思い出すなぁ~!
花の姿は変るけれど
変わらぬ心を 誓いながら~
若かったなぁ あの頃

ふーん
紫陽花って色変わりする浮気男の隠語 (ノ∀`) アチャー
大正時代の女性ってロマンチストだったんだヾ(´ε`*)ゝ
アジサイ男と恋をしちゃだめだよ!とかね
返コメの心の開放(解放)の一言 ありがとう!
分かってはいたんだけど
まったく解放できなくて囚われてる私が居たよ・・・
囚われていたら苦しいのに放せない・・放さない!
あ~ 悪循環!
なんて馬鹿な自分だろ・・
今日 カブ家の夢見ちゃった 
いろいろ楽しませてくれて ありがと

おとちめ! ばれなきゃい~の! 墓まで 持ってきゃいいの!


Peeちゃん 小椋佳は オイラ世代では ないのよ ψ(`∇´)ψ


愛ちゃん 夢!? さぞや 美化されたことでしょう・・・

 こりゃあ 絶対 会えないな ははは (;´▽`A``

そういえば、紫陽花の葉にかたつむりって光景、
最近あんまり見かけないな~。
毒があるとは知らなかった。
青が集まった花…、なるほどね~。
ライラックと間違えたのも、頷ける話だ。
“だ”って変換しても、朶って出てこないよ~

つぶあんさん どうも~

オイラのパソコンも 変換できないのよ バカタレだな・・・

でも そういう時は IMEパッドの出番ね ( ̄▽ ̄)

この記事へのコメントは終了しました。

« 日記 平成27年7月5日(日) これも 仕事の一環 | トップページ | 日記 平成27年7月7日(火) 七夕か~ 必ず 雨なんだよね »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ