« 写メ | トップページ | 第19弾 平成27年9月3日(木)17:30 実食 »

2015年9月 5日 (土)

イスラム教 7 ヒジュラ暦に基づく宗教行事と通過儀礼

イスラム教では 古くから「ヒジュラ暦(イスラム暦)」が 用いられてきた

ヒジュラ暦とは ムハンマドがメディナに移住した 

西暦622年を紀元元年とする 太陰暦である

月の運行にのみ従う 純粋な太陰暦であるため

1ヶ月は 29日~30日で 1年は 354日 あるいは355日となる

太陽暦より 10日~12日短く 季節は 毎年ずれていく

また 1週間が7日であるのは西暦と同じだが 1日の始まりは日没から数えられる


今日では 日常生活においては 西暦が使われるが

宗教行事には伝統的なヒジュラ暦が用いられている


Photo_4
1日の礼拝


 ファジュル(2ラクア) 夜明け前(日の出の約1時間前)の礼拝

 ズフル(4ラクア)   昼(正午少し過ぎの)の礼拝

 アスル(4ラクア)   午後(日没の約2時間半前)の礼拝

 マグリブ(3ラクア)  日没後(日没5分後)の礼拝

 イシャー(4ラクア)  夜(日没の約1時間半後)の礼拝


ラマダーン月の断食

 五行の4番目に挙げられる断食は ヒジュラ暦のラマダーン月に行われる

 この1ヶ月間 イスラム教徒の成人男女は 日の出から日没までの間

 飲食はもちろん 喫煙や性交 つばを飲むことまで 禁止されている

 断食は 享楽などの欲求を断つための修行として行われるが

 ヒジュラ暦は季節が少しずつずれ 約33年で一巡するため 

 真夏がラマダーン月になることもある 真夏の断食は非常な苦しみだが

 こうした苦しみを 共有することで イスラム教徒の一体感を高める効果があるとされる



イスラム教徒の通過儀礼

誕生     生後7日目に「命名式」を行うとともに 子どもの右耳に向かって

        信仰告白の文言である「アッラー以外に神はない ムハンマドはアッラーの

        使途である」と唱える

割礼     男児の場合は 生後7日目から12歳ころまでに行われえる 7歳ごろが

        適齢とされる 女子割礼は 近年では殆ど行われなくなっている

    
割礼は子どもの成長を願う祝い事として行われる伝統行事であり 盛大な祝宴が

    催される


成人     何歳で成人といった規定は無く 男女とも身体機能が発達すれば大人と

        みなされる 「礼拝が正しく行える」「断食に耐えられる」などが基準になる

        こともある

結婚     女性の結婚適齢期は「初潮後なるべく早く」とされ 10代で結婚することが

        多い 男性も結婚をしなければ 一人前と認められないが 近年は婚姻契約

        の際に必要な婚資(結納金)が 高騰しており 晩婚化が進んでいる


 イスラム教徒の男性は 啓典の民(イスラム教徒・キリスト教徒・ユダヤ教徒)の女性と

    結婚できるが それ以外の宗教の女性とは結婚できない 一方 イスラム教徒の女性

    は イスラム教徒の男性としか結婚できないため 結婚するためには その男性は

    イスラム教に改宗しなければならない


死       死は来世への通過点とされ 質素に行われる また 危篤になった時点で

        病人の顔をメッカの方角に向け 周囲の人たちは信仰の告白を唱える

« 写メ | トップページ | 第19弾 平成27年9月3日(木)17:30 実食 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

宗教」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ