« 第19弾 平成27年9月3日(木)17:30 実食 | トップページ | 日記 平成27年9月7日(月) 共稼ぎ »

2015年9月 7日 (月)

敷居

「敷居を踏んではいけません」

 美しい立ち居振る舞いを自然に覚えさせる知恵 今はもう敷居とか、鴨居と言ってもわからない子どもたちが多く

なってしまいました。
   敷居とは、引き戸の下の部分です。雨戸やふすまや障子が通る下の

溝の部分と言ったらわかりやすいかもしれません。

鴨居は、ふすまなどの上にある横木の部分を言います。  家を飛び出した若者が、家に帰りにくい言い訳として「敷居が高くて

帰りづらい」などと言います。たしかに、玄関の敷居が高ければ家には

入りづらいということがあるでしょう。  子どもの頃、敷居を踏んではいけないとしつけられました。

ただ、なぜ敷居を踏んではいけないのか、母親たちもその理由はわから

なかったのだと思います。  こういうとき、母親は決まって「それが作法だからです。

   昔からやってはいけないとされていることだからです」と、

しきたりを持ち出してきました。

しきたりには無条件で従わなくてはなりません。  だから私たちは敷居を踏んではいけないということを墨守しました。

でも、だんだんとしきたりを守るという気持ち自体が薄れていって しまったようです。これにつれ、敷居を踏んではいけないという作法は、 それを知っている人が少なくなってしまいました。  なぜ敷居を踏んではいけないのでしょうか。ひとつは、座敷を歩く ときの所作だと思います。
敷居を踏まないように歩こうとすれば、足下に気を遣い、ずかずかと 歩かなくなります。つまり、美しい立ち居振る舞いが自然にできると いうことにつながります。  子どもに漠然と、美しい立ち居振る舞いをしなさいと諭すより、 敷居を踏まないように歩きなさいと教えるほうが具体的です。  ずかずかと歩いて敷居を踏むと、敷居にゴミが溜まって、 ふすまや障子が開けにくくなるという説もあります。 これもかなり合理的な教えです。  面白い説としては、暗殺に備えるためというものがあります。  
これは武家に伝わる説ですが、敷居と畳の間は、隙間になっています。

床下に潜んだ敵がここから刀を突き通せば、足の裏を突き刺されてしまう。

だから敷居はまたぎなさいと諭したのだそうです。  畳のヘリを踏んではいけないという作法もあります。 これも下から刀を突き刺されないようにするためというのです。

武士の用心を戒めたのでしょうが、これも美しい所作をするために 足下に気を遣いなさいということを、武士のたしなみと合わせて 教えたのだと思います。  日本家屋は裸足で歩くようにできています。

場合によっては針など危ない物が落ちていないとは限りません。

案外こうしたことを下からの攻撃として諭したのかもしれません。  こう考えていくと、敷居を踏んではいけませんとか、畳のヘリを

踏んではいけませんというのは、単なるしきたりということを超えて、

足下に気をつけさせる実用的な教えなのかもしれません。  古くからあるしつけには、多くの意味が含まれています。

いけないということを わざとやる必要はなにもないのです。
                      出典:多胡 輝著 「今も心に残る「しつけの一言」」 新講社 今日も リトル・カブ♂ こないんだべな~ (´-д-`)


あのね~ 出かけるったら 母親って大変なんだよ!

 ミルクも用意しなきゃなんないし

  アンタなんて 全っ然 手伝ってくれなくて 

オメ~と出かけると   予定より30分は遅れるもんな だって

  よく 言ったもんだ  こっちは   カブ太朗に カブスケに カブ子の3人だよ 3人!

  タバコ吸って テレビ見ててさ         ほんっとに 思い出すだけで 腹が立つ!



敷居が高いのかな~
人( ̄ω ̄;)  ん? いま 車の音 しなかったか?

きゃあ~~~

 きた キタ~ カブ子だ~


   
あっ 寝てる あっ 起きた!


いま 寝たばっかださ



機嫌 大丈夫かあ~?
111_2 112

1_2
113
115
2_2 116 お菓子で 機嫌が直ったな 目が 覚めたのね 117 118 119

3_2
敷居を踏んではいけません(≧∇≦)

121 123 絶好調!(*≧m≦*) 

« 第19弾 平成27年9月3日(木)17:30 実食 | トップページ | 日記 平成27年9月7日(月) 共稼ぎ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

回顧録」カテゴリの記事

言の葉」カテゴリの記事

コメント

コンセント危ない
ちっちゃい子はよだれで手が濡れてたら感電のおそれ有り

赤ちゃんには敷居のへりも畳のへりも関係ないね~( ´艸`)プププ
リトル・カブちゃんが大きくなる頃には
敷居も畳もあるような日本の家は少なくなってるだろうな。

リトルカブちゃま~お久しぶり~
安心してはいはいさせられる畳の部屋があるのがいいわね~
日本の家屋から畳が消える日も近いかも

音姫さん どうも~

 100Vくらい 平気だって ははは


つぶあんさん どうも~

 オイラ 家を建てるとき 和室は絶対外せないと思って造ったんだけど
  ほんと これからの時代 どうなるのかね?


kikiさん どうも~

小五郎も 話せるようになったらいいのにね (≧∇≦)

赤ちゃんの笑顔は天使だね

里山のプーさん どうも~

 言葉にならない 叫び声が 可愛くてね もう メロメロですわ (≧∇≦)

この記事へのコメントは終了しました。

« 第19弾 平成27年9月3日(木)17:30 実食 | トップページ | 日記 平成27年9月7日(月) 共稼ぎ »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ