« 仕事復帰初日 | トップページ | 表裏一体 »

2015年11月 3日 (火)

気弱・・・

みんなも知っているでしょう。アメリカの雑誌記者のラフカディオ・ハーンという人が、

世界のいろいろな国の民族学の調査をするために、日本にも来たんです。
そしてかれは、日本という国の原点を調べるために、出雲(島根県)の松江に行きました。

出雲の国は日本が起こったところですね。

そして、松江中学校の英語の先生になって生活を始めました。
 松江では武家の屋敷を借りて暮らしましたが、ある日の朝方、まだ太陽が昇る前に、

自分の家の塀の先で、大勢の人がガヤガヤガヤガヤ言っている。

なんだろうと思ってひょっと垣根の外を覗いてみたら、村の人が川堀でうがいをしたり、

顔を洗ったりしているんですね。
一体この人たちは何をしているのかと思って見ていたら、山から太陽が昇ったとたんに、

みんな太陽に向かって、
「きょうも一日お願いします」と言ってパチパチと手を打ってお祈りをしていた。
 これを見てラフカディオ・ハーンは、「世界にこんなすばらしい国民はいない。

私はここの国民になる」と言って、小泉八雲という名前で日本に帰化するんです。
そして自分のお嫁さんも、日本人以外はもらわないということで、節子さんという日本人の

女性と結婚して、お子さんをもうけているんですね。
 ハーンの随筆に、日本の女性の微笑について書いたものがあります。日本の女性の

微笑は世界中で一番美しいというんです。

どんなつらいことがあっても、日本の女性は常に美しい笑顔を浮かべている、というような

ことを書いているんですね。
ラフカディオ・ハーンが、日本がすばらしいと言ったのは、日本人が太陽のめぐみを大事に

するからだったのです。
太陽からのめぐみに感謝して生きるという心のバックボーンを持っている日本人に、

すっかり心を奪われたということですね。
 とにかく、わたくしたちの生命の一番目の原因として、わたくしたちの先祖が大事にした

のは太陽だったということ、これはみんな、頭のどこかに置いておいてください。
                                        出典:境野勝悟「日本のこころの教育」 致知出版社


せめて 看護婦さんの笑顔で 救われますように・・・

 おてんとうさん 頼んまっせ! m(. ̄  ̄.)m

« 仕事復帰初日 | トップページ | 表裏一体 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

回顧録」カテゴリの記事

言の葉」カテゴリの記事

コメント

素敵な優しい看護師さんが担当になりますように
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

カブちゃんには、笑顔の美しいマツコはんもついとるばい
てか、マツコはんをなかせちゃいかんよ~~~

看護婦さんは凄いよ♬
きっとナイチンゲールのように
カブちゃんに献身的な看護婦さんが付くよ
ナンパしちゃダメだよ
するくらいなら元気で良いけど(≧∇≦)

優しい笑顔の看護婦さん 
ココログ仲間にもいっぱい居てるで~~
出張してもらう??
看護助手で 私とちめのが付き添いしよか? ( ̄ー ̄)ニヤリ
カブちゃんの為なら 店休んで行くで~~
おむつも交換してあげる ψ(`∇´)ψ

姉が看護婦だから…
イメージが…

のらデジさん ちゃちゃさん 姫乃さん 音姫さん つぶあんさん どうも~

暇になると いろいろと考えちゃうんだよね・・

 やっぱり 仕事しなきゃダメだな (=゜ω゜)ノ

この記事へのコメントは終了しました。

« 仕事復帰初日 | トップページ | 表裏一体 »

2022年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

かぶのブログ